ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

骨や歯だけじゃない! 意外と知らないカルシウムの重要な働き

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カルシウムは、骨や歯を強くする働きがあるミネラルです。もちろん骨粗しょう症の予防に、十分なカルシウムは必須ですが、カルシウムの働きはそれだけではありません。ここでは、意外と知らないカルシウムのさまざまな働きをご紹介します。

カルシウムの99%は骨や歯に! 残りの1%はどこに?

カルシウムは骨や歯の主成分なので、体内のカルシウムの99%は骨や歯に存在しています。それでは残りの1%はどこにあるかというと、体内の血液や筋肉、細胞膜などに存在しています。もちろん骨や歯に存在するカルシウムも大切ですが、残り1%のカルシウムが意外にも体内で重要な働きをしているのです。例えば、カルシウムには神経の伝達を助ける働きがあり、カルシウムが不足するとイライラするなどと言われているのです。また、カルシウムには、筋肉を収縮させる働きもあります。つまり、心臓が一定の間隔で動くのも、カルシウムがあればこそ。さらにカルシウムが不足すると細胞膜が弱くなり、風邪を引きやすくなるなどの悪影響があります。

カルシウム不足は恐ろしい事態を招く!?

カルシウムの不足は、骨粗しょう症の原因になると言われています。これは、食べ物から摂るカルシウムが不足した場合、体内で血液中のカルシウムの量を一定に保とうとする力が働くためです。つまり、骨や歯に存在するカルシウムを溶かしてまで、血液中のカルシウムの量を一定に保つのです。長期にわたるカルシウムの不足は、骨や歯が弱くなってしまう原因になります。もともと、日本の土壌にはカルシウムが少ないため、日本人はカルシウムが不足しがちと言われます。乳製品、煮干し、海藻類、緑黄色野菜、ゴマなどがカルシウムの多い食品です。これらの食品を意識して食べるようにしましょう。

カルシウムを減らさない生活とは?

食事から摂ったカルシウムを有効に活用するには、砂糖をできるだけ食べないことも大切です。これは、砂糖にはとカルシウムと結合して排出される作用があるためです。食品添加物にもカルシウムの吸収を阻害するものがあるので注意が必要です。ビタミンDにはカルシウムの腸での吸収率をアップし、骨から溶け出したカルシウムを再び骨に戻す働きがあるのを知っていますか? シイタケなどのキノコ類はビタミンDが多く含まれている食品。意識して食べることで、カルシウム不足を解消することができます。また、太陽の光を浴びることでも、体内でビタミンDが生成されます。ちょっとしたお散歩やウォーキングもカルシウムを減らさないために有効なのです。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP