体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フジファブリック、待望の全オリジナル・アルバムのアナログ盤化を発表!

フジファブリックがデビュー12周年を記念して『FUJIFABRIC ON VINYL』と題し、EMI Records(現:UNIVERSAL MUSIC)とHMV record shopより、これまでにリリースした全8枚のオリジナル・アルバムをアナログ盤化する事を発表した。
フジファブリック (okmusic UP's)
アナログ化はミニアルバム『BOYS』と『GIRLS』、アルバム『LIFE』から選曲された『A DAY IN THE LIFE』の3枚しかリリースしておらず、オリジナルアルバムではこれが初となる。

6月より4か月間に渡り、1枚目から順に2枚ずつリリースするのだが、いずれも枚数限定となっているので予約は必須だ。(『フジファブリック』『FAB FOX』『TEENAGER』『CHRONICLE』はリマスター音源)

そして、デビュー12周年目を記念し、4月14日より世界35カ国でのiTunesなどでの楽曲配信リリースが決定。 同時に、これまで日本でしか観られなかったミュージックビデオもVEVOにて海外視聴可能となる。

楽曲配信リリース及びVEVOでの映像は随時公開となり、フジファブリックの音楽を心待ちにしているファンのもとに届けられる。

■iTunes

https://itunes.apple.com/jp/album/porarisu-tv-edit-single/id1098506984?app=itunes&at=10lpgB&ct=4547403044515_al

■mora

http://mora.jp/artist/3677/m

■レコチョク

http://recochoku.jp/artist/30064793/

≪FUJIFABRIC ON VINYL≫ 第1弾
2016年6月29日発売

アナログ盤『フジファブリック』(1枚組)

UPJY-9036/¥3,300+税

※オリジナル発売年:2004年11月10日

<収録曲>

■A-side:

1.桜の季節

2. TAIFU

3.陽炎

4.追ってけ 追ってけ

5.打上げ花火

■B-Side:

1.TOKYO MIDNIGHT

2.花

3.サボテンレコード

4.赤黄色の金木犀

5.夜汽車

アナログ盤『FAB FOX』(2枚組)

UPJY-9037/8/¥5,300+税

※オリジナル発売年:2005年11月9日

<収録曲>

■A-Side:

1.モノノケハカランダ

2.Sunny Morning

3.銀河

■B-Side:

1.唇のソレ

2.地平線を越えて

3.マリアとアマゾネス

■C-Side:

1.ベースボールは終わらない

2.雨のマーチ

3.水飴と綿飴

■D-Side:

1.虹

2.Birthday

3.茜色の夕日

≪FUJIFABRIC ON VINYL≫ 第2弾
2016年7月20日発売

アナログ盤『TEENAGER』(2枚組)

UPJY-9040/1/¥5,300+税

※オリジナル発売年:2005年11月9日

<収録曲>

■A-Side: 1.ペダル

2.記念写真

3.B.O.I.P.

4.若者のすべて

■B-Side:

1.Chocolate Panic

2.Strawberry Shortcakes

3.Surfer King

■C-Side:

1.ロマネ

2.パッション・フルーツ

3.東京炎上
■D-Side:

1.まばたき

2.星降る夜になったら

3.TEENAGER

アナログ盤『CHRONICLE』(2枚組)

UPJY-9042/3 /¥5,300+税

※オリジナル発売年:2009年5月20日

<収録曲>

■A-Side:

1.バウムクーヘン

2.Sugar!!

3.Merry-Go-Round

4.Monster

■B-Side:

1.クロニクル

2.エイプリル

3.Clock

4.Listen to the music

■C-Side:

1.同じ月

2.Anthem

3.Laid Back

4.All Right

■D-Side:

1.タイムマシン

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。