ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃事実】人気漫画ハンター×ハンターの冨樫義博が重病で「寝たきり状態」だった事が判明 / ズル休みじゃなかった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画「ハンター×ハンター」(HUNTER×HUNTER)。スリリングとサスペンス、そしてアドベンチャー要素がたっぷりの今作は、世界中に多くのファンが存在する。

・2016年4月18日発売のジャンプから再開
しかし、作者の冨樫義博先生(49歳)が体調不良により休載をすることが多く、最近では2014年の掲載を最後に長期休載。2016年4月18日に発売される週刊少年ジャンプで連載再開が決定し、多くのファンが喜んでいる。

・ゲームにハマっているから休載!?
ファンの一部からは、休載の理由は体調不良ではなく「ゲームにハマっているから」「働かなくてもお金が入ってくるから」という声が出ていた。そして今回も「ズル休みをしているのでは?」という声が出ていたが、本当に体調不良だったことが判明したのだ。以下は、事情通のコメントである。

・事情通のコメント
「富樫さんがズル休みしていただなんて、とんでもない憶測です。あまりにも体調が悪く、漫画を描ける状態ではなかったようで、寝たきりになるほどつらい症状だったんですよ。寝たままだと暇すぎてゲームで遊んでいたかもしれませんが、寝たきりで仕方なく休載していたのは事実なのです」

・冨樫義博先生は読者を愛している人物
ズル休みじゃないのにズル休みだと思われることほど、つらいことはない。冨樫義博先生はゲームや趣味やお金よりも漫画を愛し、そして読者を愛している人物。これからも体調を崩さないように頑張ってほしいものである。

https://youtu.be/8zLnR1qbYZM

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz Plus http://buzz-plus.com/article/2016/04/14/hunter-x-hunter/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP