体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

余命2年を告げられた「VJ NAKAICHI」に肝臓移植を!各地で募金活動が開始

「VJ NAKAICHI」は、日本を代表するVJとして知られている男性です。TOYOTAやNISSAN、VolksWargen、Audiなどの展示やショー、AKB48のステージ、海外の大規模イベントなどなど、数々の映像演出を手がけ、「日本の映像作家100人」にも選ばれた人物。

本名は、中市好昭(なかいちよしあき)さん。22歳のときに突然「自己免疫性肝炎」を患いましたが、症状は癒えず。5年後に「原発性硬化性胆管炎」を併発したと診断されました。38歳になった今、医師に告げられた余命はわずか2年。助かる方法は、肝臓移植手術のみです。

アメリカで移植手術を

難病情報センター」によれば、原発性硬化性胆管炎は未だ原因が解明されておらず、黄疸やかゆみ、発熱や腹痛が主な症状として知られる難病です。進行して肝不全に陥ると、肝移植しか救命法が残されていません。

中市さんは、倦怠感や食欲不振、睡眠不足、むくみなどを感じており、胆管炎や肝性脳症を引き起こし、倒れてしまうこともあったそう。

日本で待機していては、
間に合わないーー。

彼の場合、再発の可能性が高い生体肝移植(生存している人物から肝臓の一部を移植)を行うのではなく、脳死ドナーからの提供を待つしかありませんでした。

しかし、待機患者も多く、日本での移植手術が極めて難しいこともあり、残された道は、アメリカで移植手術を受けることのみ。それには7,500万円もの莫大な費用が必要です。そこで、その資金を集めようと集まったのが「よしあきさんを救う会」でした。

各地で募金活動を開始!

余命2年を告げられた「VJ NAKAICHI」に肝臓移植を!各地で募金活動が開始

同会が始めたプロジェクト「SAVE NAKAICHI DONATION PROJECT」により、東京では銀座数寄屋橋交差点、吉祥寺駅、そのほか地元石川県の金沢駅前など各地で街頭募金が開始。2016年4月8日には表参道ARCでチャリティーイベントも開催され、多くの資金が集まりました。

厚生労働省にて行われた記者会見や、各メディアによって取り上げられたこともあり、資金を集める体制は徐々に整い始めました。そうして集まった金額は、4月11日時点で、3,910万3693円に達しています。

移植準備のため渡米

余命2年を告げられた「VJ NAKAICHI」に肝臓移植を!各地で募金活動が開始

資金はまだまだ足りていませんが、彼は一足先に移植準備のため渡米し、検査を受けることに。パートナーの明子さんによれば、言語や環境が変わったこともあり、体調が悪化することもありましたが、今では落ち着きつつあるようです。検査の終了は4月中旬を予定。

会のWebサイトによれば、死を覚悟し「愛しているから、別れよう」と決心した好昭さんに対して、明子さんはこう返答したそうです 。

「愛しているから、別れない」。

以下、好昭さんが、サポートをしてくれる人々に向けて書いたメッセージを紹介します。
余命2年を告げられた「VJ NAKAICHI」に肝臓移植を!各地で募金活動が開始

「僕の身体がこうなって、15年ほど経ちました。今ではもう、身体が病気の影響でダルいとか、疲れ易いとかも分からなくなるくらいこの病気と付き合ってきた気がします。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy