ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自己肯定力の鍵をマツコ・デラックスさんに学ぶ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

他人からどう思われているのかをつい気にしてしまう。

けれど、自己肯定力が高ければ、誰だってしあわせになれるはず。

そこで気がついたのが、タレントであるマツコ・デラックスさんがとっていたある行動。

マツコさんがみんなから親しまれ輝く存在でいるのは、「人に与えること」がポイントなのではないでしょうか。

マツコさんのここに憧れる

筆者がテレビを見ていたときに、マツコさんのある行動に感動しました。

それは、取材先で知り合う一般人におごる、ということ。

居酒屋に入れば、その場にいたお客さん全員に一杯ずつごちそう。ショッピング中にすれ違った夫婦に「今日が結婚記念日なんです」と言われたときや、誕生日の人がいれば「あら、おめでとう~。アンタ、何が欲しいか言いなさいよ!」とその場で買ってプレゼント。

もちろんそのお金は番組から支払われるのではなく、すべてマツコさんの自腹です。

マツコさんにプレゼントをもらった人たちは、最初は驚きながらも本当にしあわせそうです。そして、「自分も稼いだお金で人に気持ちよくおごる人になりたい」と思えるようになりました。

与えることで自己肯定力が高まる

『お金のために働く女 お金を働かせる女』(カシオペア出版)には、こんな一文が書かれています。

与えることは、自分が豊かであるという波動を身につけること

(中略)逆に言えば、お金を出し惜しみすることは、”自分が貧しいからお金を出せない”という波動を自分自身が身にまとうことになります。

(本書P186より抜粋)

ただお金を持っていて、自分のために使うだけでは自分だけしかしあわせになれません。

たとえば1,000円のものを自分に買うのではなく、誰かにプレゼントする。そうすれば、相手のよろこぶ顔を見て、自分もうれしくなれます。

ケチケチすればするほど、自分はその程度の人間なんだ、と小さくなってしまいます。

見返りは求めない

自分がお金を出したり、プレゼントしたからと見返りを求めるのはNG。

「豊かさの法則は、「与えた分だけ戻ってくる」のです。

それも、何も見返りを求めないところへ与えた分だけが戻ってくるのです。

(本書P178より抜粋)

誰かになにかをプレゼントしても、ただ与えることだけを考える。お金だけでなく情報や親切も同じです。

そうすれば、めぐりめぐって自分のもとへ必要なものが返ってくるはず。

行き当たりばったりの人にも気前よくプレゼントする、マツコさんのようにはいかないかもしれませんが、見返りなんて求めない彼女のように、気持ちよくおごれる人を目指したいもの。

結局は、人に与えることが、自分もしあわせになれる近道のようです。

image via Shutterstock

■ あわせて読みたい

オンもオフも東京をスニーカーで歩く
女子会後のモヤモヤは、その日のうちに解決したい
運を引き寄せたい人へ。4月14日のラッキーフードは?
40%がオフィス環境に不満を抱いている。働く女子のリアル
リオ・オリンピック。体操競技のアリーナに泊まる。メダル授与セレモニーの最前列席も確約
男子は「胸元アピール」が正直しんどい
水曜、19時。恵比寿デートは動物園で

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP