体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

居住地区には許可証がないと入れない?1度は憧れるセレブが集まる世界の高級住宅街5選

「豪邸に住んでみたい」きっと誰しもが1度は思ったことがあると思います。

海外セレブがどこの高級住宅街に別荘を買った…など聞いてもどんな生活か想像がつきませんよね?

そんな各界の著名人が住むような高級住宅街ランキングをご紹介します。

 

第5位 セントーサコーブ(シンガポール)

beach-534626_960_720

photo by pixabay

第5位はシンガポールのセントーサ島にあるセントーサコーブ。

シンガポールは所得税が最高で20%、株での利益は非課税なこともあり、近年世界中の富裕層たちが移住しています。

中でも唯一国内で外国人が一戸建てを買うことが許されている地区がこのセントーサコーブなのです。

 

コンドミニアムの最低価格は日本円で2億円相当からで、一戸建てですと日本円で7億円程度からになっています。

また居住地区には許可証がないと入れないため、それもまたセレブ感を感じさせます。

 

4位 ボールスブリッジ(アイルランド)

800px-HalfPennyBridge

photo by commons.wikimedia.org

第4位はアイルランドの首都ダブリン郊外にあるボールスブリッジ。

ボールスブリッジは1830年から60年に建てられたビクトリア王朝建築の邸宅が並ぶ閑静な由緒正しき高級住宅街です。

「ボールスブリッジホテル」を始めとした高級ホテルやレストランが軒を連ねている地域です。

※写真はダブリンの街です。

 

第3位 メイフェア地区(イギリス)

Warwick_Street,_Mayfair,_London

photo by commons.wikimedia.org

イギリスの首都ロンドンの中心部に位置するメイフェア地区。

高級ホテルやブティック、英国王室ご用達のお店などが立ち並ぶ地域でもあります。

そんなメイフェア地区の不動産価格は安くても8,000万円、高ければ30億円以上にものぼると言われています。

ヨーロッパ圏の富裕層にとってロンドンのこの地区に邸宅を構えることはステータスであるため、多くの著名人がこの地に不動産を持っています。

そんなメイフェア地区の土地価格は年々上昇傾向にあります。

 

第2位 ビバリーヒルズ(アメリカ)

shutterstock_378506431

photo by shutterstock

誰もが一度は耳にしたことがあるであろうアメリカ西海岸にあるビバリーヒルズ。

ジョニー・デップやパリス・ヒルトンなど誰もが知るようなハリウッドセレブたちが邸宅を構える場所でもあります。

 

またショッピングストリートとして名高いロデオドライブには高級ブティックがたくさん立ち並んでいます。

旅行ツアーでは、ハリウッドスターたちの邸宅を回る現地ツアーも敢行されているようですので、興味ある方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。