体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【マンガ】第6話「インドの洗礼?旅行者はカモ扱い!」大きな手荷物がおっさん達を引き寄せる!

6-1
13016535_1031261423624161_397004097_o12970529_1031261470290823_582737825_o

前回のお話が気になる方は
→【マンガ】第1話「インド人全員が俺達を狙っている…」先入観だらけのインド留学がいよいよ始まる!
→【マンガ】第2話「使い物にならない紙幣に警戒心MAX!」両替所でプチ争いが勃発!
→【マンガ】第3話「空港を出たら待ち伏せする詐欺軍団!?」戦々恐々の中、ついに空港の外へ!
→【マンガ】第4話「インドでバスに乗った事を後悔…」ボロボロのバスは冒険への始まりでした!
→【マンガ】第5話「バスから見た光景に唖然…」激しい揺れとスピードの40分 間とは 

 

車のクラクションを半端なく鳴らす

car-noizy

インドに来てまず衝撃を受けたのがこれです。彼らはとにかくクラクションを鳴らしまくるのです。

僕たちが乗ったバスの運転手も5秒に1回くらいはクラクションを鳴らしていました。

 

僕はインド人の友人に「なぜインド人はこんなにクラクションを鳴らすの?」と聞いた事があります。

そしてその友人はこう答えました。

 

「だってクラクション鳴らさないと危ないでしょ?」

 

なるほど。クラクションの本来の役目を存分に果たしているわけですね。

だけど僕は正直、他の運転手を威嚇するためにクラクションを鳴らしているのだと思っていました。

 

ちょっと道が混んでて車のスピード出せない時に、ビービービービー鳴っているのは、安全確認よりもむしろ「はよっ!何やってんじゃい、はよっ!!」

っていう言葉を代弁しているように思えたんです(笑)

インドに来た際はこの「クラクション名物」を嫌というほど堪能できるでしょう。

 

コンノート・プレイスに到着!携帯探しへ

65786698_99ebc42bc9

photo by Guilhem Vellut

非常に長く感じたバスの旅も終わり、それらしき所に到着しました。

 

Ken :「ここが本当にコンノート・プレイス?」

バス運転手:「そうだよ。早く降りて」

ハマ :「ほんまかいな?嘘ついたらあかんで!」

バス運転手: 「いや、本当だよ。大丈夫だから」

Ken :「実はもっと先なんじゃないの?」

ハマ :「有り得るんさ。日本人だから騙そうとしてるのかも!」

バス運転手: 「だからぁ~ここはコンノート・プ・レ・イ・ス!!」

 

というやり取りを経てついにこの地に降り立ちました。

ちなみに運転手のおっちゃんは正直でした。疑ってごめんなさい。

 

いっぱい人が…

connaught-arrive
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。