体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「インドから見たアジア」を表した地図が、偏見たっぷりでひどいと話題に

世界はインドとインド以外に分けられる。

そういう言葉が生まれるほど世界の中でも特異な国インド。そんなインドを「Atlas of Prejudice」(偏見の地図) という形で表現した画像が、ちょっとひどくて笑えると話題になっています。

これはヤンコツェートコフ氏という型破りな歴史研究家が独断と偏見で描いた地図なので、ブラックジョークが過ぎるものもありますが、その中でも皮肉たっぷりで笑ってしまうものを紹介したいと思います。

 

インド「正直な本音ぶっちゃけてみる」

india-map

photo by atlasofprejudice.tumblr.com

こちらが「インドから見たアジア」をイメージして描かれた地図になります。パッと見で何個か気になる言葉があると思うのですが、厳選していくつか紹介します。

 

中国はゴミ工場(TRASH FACTORY)

shutterstock_146583215

photo by shutterstock

全世界で見ない国はないほど、流通しているMADE IN CHINAの製品。そんな中国に対して、「ゴミ工場」と一言でバッサリ切り捨てています。

自国の商品には自信があるのでしょうか。

 

ロシアは兵器のスーパー(WEAPONS SUPER MARKET)

shutterstock_196203407

photo by shutterstock

ロシアには、スーパーに兵器が売っていると思っているみたいです。

晩御飯のお買い物のついでにミサイルも、なんて主婦がいるんでしょうかね。

 

日本はロボット(ROBOT)

13733694353_6a47c0e674_k

photo by Cory Doctorow

気になる日本のイメージはロボット。やはり海外の方にはロボットレストランのインパクトがすごいのでしょうか。

日本のレストランには巨大ロボットがいるのが当たり前と思われているみたいですね。

 

お隣スリランカはノーコメントで…(NO COMENT)

shutterstock_159699284

photo by shutterstock

すぐお隣のスリランカに対してはノーコメントだそうです。お近くの国なだけに言いづらいことでもあるんですかね。

 

他にも中国や日本から見たアジアの偏見地図もありました

中国から見たアジア

china-map
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。