ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夕日が美しい海絶景!オレンジ色の光に包まれて癒やされるひと時を♪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月14日はJA全農えひめが1994年に制定したオレンジデー。大切な人との愛を確かなものにし、オレンジやオレンジ色のプレゼントを贈りあう日とされています。

オレンジの花言葉が「花嫁の喜び」であり、ヨーロッパではオレンジが花と実を同時に付けることから愛と豊穣のシンボルとして、花嫁の頭に付けるコサージュに使われるのだそうです。

そして、オレンジ色には、人の心を開く効果があるともいわれているそうです。

オレンジ色の温かい光は傷ついた心に勇気を与えるパワーがあるのだとか。

夕日を眺めていると、ちょっとセンチメンタルな気分になりつつも「よし、明日も頑張ろう」という気持ちになるのは、そんなオレンジ色の持つ効果なのかもしれませんね。

そこで今回は、海に沈む美しい夕日が見られるスポットをご紹介します。オレンジ色の光に包まれて、癒やされちゃいましょう!

富津岬(千葉県富津市)

南北に続く約40kmの海岸線から

海越しのシルエット富士山を

海岸線のいたるところから夕日を見ることができる

富士山の姿が浮かぶ幻想的な眺め。条件が良ければダイヤモンド富士を見ることができる

千葉県の内房に位置する富津市。海の展望と山の景観が美しく、その景色を楽しもうと多くの人たちが訪れます。東京湾に面し、南北に約40kmもの海岸線が伸びていて、海岸線沿いには道路が整備され海水浴場が点在。その多くの場所から海越しに沈む夕日を見ることができます。海岸線に立てば、沈む夕日は目線の先。さえぎるものが少なく、真っ赤な夕日や美しい夕焼けをゆっくりと眺められ、時には雄大な富士山の姿も浮かび上がります。3月下旬から4月中旬と8月下旬から9月上旬には日没時にダイヤモンド富士が見られる条件になるのだとか。貴重な体験をするなら、この時期がねらい目です。房総半島にはレジャー施設も多いので、たっぷり遊んだあとに美しい夕日を満喫する、そんな休日の過ごし方もいいのでは。 富津岬

TEL/0439-80-1291(富津市観光協会)

住所/千葉県富津市

「富津市観光協会の観光サイト」の詳細はこちら

「富津公園(富津岬全域)」の詳細はこちら

鳥取砂丘(鳥取県鳥取市)

砂丘から眺める日本海に沈む夕日

砂丘に腰を下ろして、沈む夕日をいつまでも眺めいていたい

風が作る芸術、風紋。時間とともに表情を変える

東西16㎞、南北2.4㎞に広がる日本最大級の砂丘、鳥取砂丘。緩やかな起伏や47mを越える丘、約20mも窪む「追後スリバチ」、風が作る芸術「風紋」、流れ落ちる砂が作り出す「砂簾(されん)」など、さまざまな自然の造形が見どころです。どこまでも広がる砂の上は歩いたり、ラクダに乗っての散策も可能。さらには、パラグライダー体験やサンドボード体験など、砂丘ならではのスポーツも楽しめます。鳥取砂丘で必ず訪れたいのは、砂丘の最高峰、馬の背。雄大な砂丘と日本海、美しく湾曲する海岸線の美しさが格別です。また、ここから見る日本海に沈む夕日と、その夕日が作り出す刻々と変わる空と海の微妙な色合いは一見の価値があります。夏は、夕日が沈んだ後にイカ釣り船の漁火が日本海を照らします。海に浮かぶ漁火と、月光に照らされる砂丘の幻想的な風景が広がります。 鳥取砂丘

TEL/0857-22-3318(鳥取市観光案内所)

住所/鳥取県鳥取市福部山湯山

アクセス/JR鳥取駅より路線バス鳥取砂丘行き鳥取砂丘バス停下車すぐ

「鳥取砂丘」の詳細はこちら

白米千枚田(石川県輪島市)

日本海に面した小さな田んぼの

ひとつひとつがオレンジ色に

棚田の一枚一枚が夕日のオレンジに染まる

日本の原風景と呼ばれ、2011年6月に日本で初めて世界農業遺産に登録された、能登の里山里海のシンボル白米千枚田。日本古来の農法「苗代田」を復活させ、現在もその昔ながらの農法で稲を育てています。日本海に面して小さな田んぼが重なり海岸まで続く景色は、他では見られない稀有なもの。4haの範囲に1004枚の棚田が作られています。毎年4月末ごろから棚田に水が引かれはじめ、5月初旬に田植えが始まります。夏の瑞々しい緑と日本海の青のコントラストや、秋の黄金色の稲穂の棚田も景色も絶景ですが、棚田の水面に映る空の色が何と言っても美しい。日中の青はもとより、夕日に染まるオレンジ色の棚田は一度見たら忘れられない景色になるはず。遊歩道が整備されているので、波や水の落ちる音、虫の声、土や稲の香りなどを楽しみながらの散策ができます。 白米千枚田

TEL/0768-23-1146(輪島市役所交流政策部観光課)

住所/石川県輪島市白米町

アクセス/能登空港ICから車で輪島市内経由、約40分

「白米千枚田」の詳細はこちら

だるま夕日(高知県宿毛市)

年に十数回しか見られない

幸運の夕日

宿毛湾の冬の風物詩。見ることができたらラッキー

高知県の南西部、愛媛県との県境に接する宿毛市。宿毛湾には約1000種類の魚が棲んでいて、ダイビングや釣りのスポットとして有名です。そんな宿毛湾で見られるのがだるま夕日。11月中旬から2月中旬にかけての期間中にわずか20回程度しか現れず、綺麗なだるまになるのはそのうちの10回程度しか見られないことから、幸運の夕日とも呼ばれています。大気と海水の温度差が大きく冷え込みが厳しい晴れた日に、海面から立ち上がる水蒸気によって光が屈折してできるもので、蜃気楼現象のようなもの。だるま夕日が見られる場所や時間帯は時期によって異なります。詳細は宿毛市のホームページで公開されているので、出かける前に確認を。 だるま夕日

TEL/0880-63-0801(宿毛市観光協会)

住所/高知県宿毛市

「だるま夕日」の詳細はこちら

※この記事は2016年4月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

愛の記念日『オレンジデー』って知ってますか?一面オレンジの絶景花畑で幸福度UP!
家族で楽しみたい!宮崎のGWに行くべきおすすめイベント厳選3
ホタルイカすくいから雪の壁まで!4・5月のイベントまとめ【北陸】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP