ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【えひめ最新レポ】シルク日本一の実力 伊勢神宮式年遷宮にも献上

DATE:
  • ガジェット通信を≫


昔も今も皇室御用達。伊勢神宮の式年遷宮における御用生糸を献上した「野村シルク」をご存知でしょうか。 愛媛県西予市野村町は「ミルクとシルクの町」。その名の通り、畜産と養蚕が昔から盛んに行われてきました。明治初期、蚕の繭から生糸を作る養蚕が始まり、大正初期には1,138戸もの養蚕農家がありました。野村町は、傾斜地を利用した農地が多く、収益性が高くて人手もあったことで、養蚕が栄えたといわれています。
特に、昭和8年に製紙工場が建てられ、野村町産の生糸が「カメリア(白椿)」として商標登録されてから、日本のみならず海外でも高い評価を受けました。その後は海外製品に押され、現存する養蚕農家は10戸あまりです。
野村シルクがたどった歴史をはじめ、日本の小袖や大正時代の衣装、繭や生糸の生産で使われた貴重な道具などが、西予市野村シルク博物館に展示され、見学することができます。建物は上から見ると繭の形をしています。
そして、隣接する絹織物館には製糸所があり、今でも、養蚕農家が生産して持ち込まれた繭で、多条操糸機(たじょうそうしき)という機械でカメリアの製造が行われています。野村シルクのブランド力は今も健在で、能装束の復元に使われ、伊勢神宮で20年に一度だけ行われる式年遷宮の御用生糸でもあります。
西予野村シルク博物館では、自分だけの機織り体験などもできます。日本一と名高い野村シルクの世界、ぜひ体験してみてください。


えひめいやしの南予博2016http://www.iyashinonanyo.jp/いよ観ネット 西予市野村シルク博物館http://iyokannet.jp/front/spot/detail/place_id/570/

【Nicheee!編集部のイチオシ】
「日本一小さな動物園」 大阪・池田市の五月山動物園
日本最大級! 西条発 食べたら福が来る巨大「柿」
納豆嫌いも驚愕の味!日本一高い高級納豆!/a>

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP