ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モテ力の秘密はホルモン!? 男が女に惹かれる恋の正体は「女性ホルモン」にあり!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

男性が女性に強く惹かれるのは、女性そのものというより女性ホルモンの一種「エストロゲン」に惹きつけられるのだともいわれています。ではその「エストロゲン」を増やせばモテる!? 増やし方はとっても簡単!

気になる「エストロゲン」女性ホルモンをチャージしてこの春のモテ力をアップさせましょう♡

 

そもそも「女性ホルモン」って!?

男が惹かれる女…の話の前に、そもそもホルモンとは何か?という話を先にさせていただきますと、焼肉のイメージで内臓か臓器の一部のように思われたりしがちですが、ホルモンとは体内でつくりだされる化学物質のことです。体内のある臓器でつくられ、血管を通って全身に送られたホルモンは、特定の器官や細胞でその働きをコントロールする という役割をしています。その中のひとつが「女性ホルモン」

女性ホルモンは卵巣でつくられエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、この2つのホルモンが女性の生理周期を正しくし、妊娠しやすいカラダにしたりする働きをするのです。

つまり、女性が女性らしくあるためのホルモンで、男性を惹きつける女性としての美しさをつくる素というわけです。

 

恋をしてキレイになるのもホルモン力

特にエストロゲンの方。イギリスのある大学の調査によると、高レベルのエストロゲンをもつ女性は「かわいい顔になる」という結果を発表しています。

エストロゲンは「美肌のホルモン」ともいわれるくらい美肌には欠かせない成分で、肌の水分調節やコラーゲンの生成を促進させる機能で肌のハリ・ツヤ・潤いを保つ働きをしています。さらには、女性らしいカラダのラインをつくる働きもあり、女性が恋した時にキレイになるのもエストロゲンの作用だともいわれているのです。

ちなみに、唇をぷっくりさせるのもその働きのひとつ。石原さとみさんのようなぷっくり唇って好きな男性は多いですもんねぇ。。。

美しい肌・美しい体、これをつくる素「エストロゲン」を男が嗅ぎ分けて、ホルモン力が高い女に強く惹かれるのだといわれれば、わからなくもないですよね。

じゃあ、「エストロゲン」盛りましょう!

 

「エストロゲン」を増やす食べ物は大豆!

よく耳にしませんか?イソフラボンという言葉。大豆に含まれる成分で大豆イソフラボンともいわれますが、この成分がエストロゲンととてもよく似た構造をもち、食事で吸収された大豆イソフラボンが血中に入ると、カラダはエストロゲンだと感知するようなのです。

ということは、答えは簡単! 大豆を食べればいい!!

 

女性にウレシイ大豆の5大効果

1.美肌効果:エストロゲンの働き以外にもタンパク質やビタミンB群で美肌をつくる

2.ダイエット効果:大豆ペプチドという成分が基礎代謝をアップさせ体脂肪を減少

3.便秘・むくみの解消:食物繊維や余分な水分を排出するカリウムが豊富

4.PMSの不調緩和:アメリカのPMS専門家は予防や症状の緩和対策に大豆の摂取を推奨

5.リラックス効果:大豆ペプチドは緊張・不安・不眠・うつ症状などの症状を緩和

 

Let’s enjoy soy! 大豆は意外に簡単!

大豆は調理が面倒そうなイメージですが、難しい調理などしなくても簡単に摂りいれることが出来る美容食です。

豆腐・豆乳・きな粉・味噌・醤油など、日常で手間なく摂れるものばかり。豆乳を使えばスムージーや、豆乳クリームでフルーツサンドなんかもできたり。スタバもソイラテ♪

 

 

 

エストロゲンを増やして女性らしい美しさがさらにアップすれば、この春のモテ力は上昇ですね!
ぜひ、取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

ライター:櫻井政美 [ベジフルビューティーアドバイザー]

美女づくり~月美容&ベジフルビューティー~美人レシピ(http://ameblo.jp/sakuran-hm/
Instagram(http://instagram.com/msakuran/
日本野菜ソムリエ協会 (http://www.vege-fru.com)


関連記事リンク(外部サイト)

「可愛い子」に異変あり!?男性自身も気付かない意外な「可愛さ」の条件4つ
こんな男性いるいる!合コンあるある第四弾「女子たちの防波堤男子」
こんな男性いるいる!合コンあるある第三弾「ムッツリ男子」
あのトレンドヘアは不評!? 男性が女性に求める最強モテ髪
2016年は脱軽めのモテ女、目指せ「重たい女」で1人の人に愛されよう

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
omotanoの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP