ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ザ・ポップ・グループ、 超貴重ライヴ音源&映像を収録したアルバムを5月に発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ザ・ポップ・グループが1979年から1980年にかけてレコーディングした激レアなライヴ音源を収録したアルバム『ザ・ボーイズ・フーズ・ヘッド・エクスプローデッド』を5月27日(金)に発売する。
ザ・ポップ・グループ (okmusic UP's)
各ライヴ音源はイギリスのシェフィールド、イタリアのミラノ、ドイツのケルン、そしてフィンランドのヘルシンキの公演でレコーディングされた。それらのオリジナルは、名作『ハウ・マッチ・ロンガー』に収録されている。加えて、未発表曲である「73シャドウ・ストリート」と、ベーシストのダン・カトゥシスがザ・ポップ・グループ加入前に在籍していたグラクソ・ベイビーズの「シェイク(ザ・ファウンデーションズ)」のカバーも見逃せない。

音源以上に注目と言っても過言ではないのは、DJや映像作家としても著名なドン・レッツが撮影した、1980年6月15日の英国・ロンドン「ビート・ザ・ブルース・フェスティバル」でのライヴ映像を収録したDVD『ライヴ・アット・アレクサンドラ・パレス1980』が付属されることだ。プライベート的に撮られたライヴ映像がダイジェストで収められたDVDだが、中には彼らの未発表曲である「イフ・ユー・シンク・ユーアー・パート・オブ・ザ・ソリューション」の映像もあり、ファン必見の内容だ。この時代のザ・ポップ・グループの映像が現存していること自体かなり稀で、ザ・ポップ・グループのファンのみならず、当時のパンク・ムーブメント愛好家にとっても、大変興味深い作品となることだろう。

なお、本作に収録される音源「ウィ・アー・オール・プロスティテューツ〔ライヴ・ミラノ1980〕」が現在公開されているので、気になる方はこちらもご覧になってほしい。

「ウィ・アー・オール・プロスティテューツ〔ライヴ・ミラノ1980〕」
https://www.youtube.com/watch?v=kAR4bUJg624

アルバム『ザ・ボーイズ・フーズ・ヘッド・エクスプローデッド / THE BOYS WHOSE HEAD EXPLODED』
2016年5月27日(金)発売

価格:¥3,200+税

<収録内容>

■CD

1. ウィ・アー・オール・プロスティテューツ〔ライヴ・ミラノ1980〕 / WE ARE ALL PROSTITUTES [LIVE MILAN 1980]

2. ジャスティス〔ライヴ・ケルン1980〕 / JUSTICE [LIVE COLOGNE 1980]

3. ハウ・マッチ・ロンガー〔ライヴ・ケルン1980〕 / HOW MUCH LONGER [LIVE COLOGNE 1980]

4. ブラインド・フェイス〔ライヴ・シェフィールド1979〕 / BLIND FAITH [LIVE SHEFFIELD 1979]

5. フォーシズ・オブ・オプレッション〔ライヴ・ケルン1980〕 / FORCES OF OPPRESSION [LIVE COLOGNE 1980]

6. ゼア・アー・ノー・スペクテイターズ〔ライヴ・ケルン1980〕 / THERE ARE NO SPECTATORS [LIVE COLOGNE 1980]

7. フィード・ザ・ハングリー〔ライヴ・ケルン1980〕 / FEED THE HUNGRY [LIVE COLOGNE 1980]

8. ロブ・ア・バンク〔ライヴ・ミラノ1980〕 / ROB A BANK [LIVE MILAN 1980]

9. シェイク・ザ・ファウンデーション〔ライヴ・ケルン1980〕 / SHAKE THE FOUNDATION [LIVE COLOGNE 1980]

10. 73シャドウ・ストリート〔ライヴ・ヘルシンキ1980〕 / 73 SHADOW STREET [LIVE HELSINKI 1980]

■DVD

『ライヴ・アット・アレクサンドラ・パレス1980』

シェイク・ザ・ファウンデーション / SHAKE THE FOUNDATION

フィード・ザ・ハングリー / FEED THE HUNGRY

シーフ・オブ・ファイア / THIEF OF FIRE

ゼア・アー・ノー・スペクテイターズ / THERE ARE NO SPECTATORS

イフ・ユー・シンク・ユーアー・パート・オブ・ザ・ソリューション / IF YOU THINK YOU’RE PART OF THE SOLUTION

ハウ・マッチ・ロンガー / HOW MUCH LONGER

アルバム『ザ・ボーイズ・フーズ・ヘッド・エクスプローデッド』 (okmusic UP's)
カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。