ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

シャープ、「ロボホン」向けMVNOの展開を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

シャープ、「ロボホン」向けMVNOの展開を発表シャープは4月14日、新たにMVNO事業を開始すると発表しました。
これは、同日予約販売を開始したモバイル型ロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」におけるモバイル通信サービスとして提供するもの。ロボホンがLTE/3G通信に対応していることから、外出先での使用や音声通話を可能とするため、データSIMと音声通話SIMでそれぞれ3プランを展開します。

  「ロボホン」と会話を楽しむプラン(1GB) 「ロボホン」ともっと楽しむプラン(3GB) 「ロボホン」ともっともっと楽しむプラン(5GB)
データSIM 650円 950円 1,580円
音声通話SIM 1,350円 1,650円 2,280円

(価格はすべて税抜)

ロボホン自体が使うデータ通信量はそれほど多くないため、1GBプランでも十分とのことです。ただし、一般的なスマホと同じく、ロボホンで動画や音楽を多く再生するといった場合には、容量の大きなプランが必要になるかもしれません。

シャープ、「ロボホン」向けMVNOの展開を発表

ロボホンはロボットとしての機能に注目が集まりがちですが、見方を変えれば“ロボットという新たなユーザーインターフェースを備えたSIMフリースマホ”として、新しいコミュニケーションの形を生み出していくのかもしれません。

なお、このモバイル通信サービスは、あくまでロボホン専用プランとの位置付けで、新規申し込みの際、現在使っている電話番号からの乗り換え(MNP転入)には対応していません。SIMプランの申し込み方法は、量販店などでロボホンを購入した場合も含め、「ロボホン」公式サイトからとなります。

(文:SIM通編集部)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。