ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お客様の中に、ご不要のプラレールをお持ちの方はいませんか……? 北海道開拓の村がプラレール寄贈のお願い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お客様の中に、ご不要のプラレールをお持ちの方はいらっしゃいませんか……?

【関連:撮り鉄活動はかどるぞ!北海道新幹線含む「川の時刻表」2016年版公開】

札幌市厚別区にある野外博物館「北海道開拓の村」では、4月23日から北海道新幹線開業に記念した展示会「青函革命 つながるつがるかいきょう」を開催します。この展示会では、子供向けに北海道の鉄道の歴史に親しみながら自由な発想で楽しんでもらおうと、プラレールの走行会「プラレールであそぼう!」が企画されています。が、イベントに使用するプラレールの車両が足りないということで、現在全国から寄贈をお願いしています。

ただ、職員の数が足りないので、直接出向いて受け取ることは難しく、基本的に寄贈者が送料を負担して郵送するか、北海道開拓の村に持ち込む形での募集です(開拓の村の近くである場合、例外的に出張できる場合もあり)。また、子供たちに遊んでもらうことが目的なので、破損したものの受け入れはしかねる、とのこと。注意点として、寄贈後は北海道開拓の村を運営する北海道歴史文化財団が管理することになり、返却には応じられないということです。

50年以上の歴史を持つプラレール。子供時代に遊んだ人、子供をプラレールで遊ばせた人も多いと思います。遊ばなくなっても、まだ家に残していたりしていませんか? この機会に協力してみてはいかがでしょうか。寄贈受付は4月22日まで。詳しくは「北海道開拓の村」にお問い合わせください。

▼参考
北海道開拓の村
開拓の村からのお知らせ
展示会「青函革命 つながるつがるかいきょう」チラシ(PDF)

(文:咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

撮り鉄活動はかどるぞ!北海道新幹線含む「川の時刻表」2016年版公開
秘境駅「旧白滝駅」の最期の1日をニコニコ生放送で放映中
鉄道模型店が銀座に鉄道ジオラマバー開店!シュッシュッポポン

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP