ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GWのフリーライブ「TOKYO M.A.P.S」 亀田誠治がオーガナイズしたのはこの12組!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVEの番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)のワンコーナー「MUSIC EXPRESS」で、J-WAVE主催のライブイベント「TOKYO M.A.P.S」の最新情報が解禁されました!

「TOKYO M.A.P.S」とは、J-WAVEと六本木ヒルズがコラボして、毎年ゴールデンウイークに開催しているフリーライブイベント。開催毎に、豊かな世界観を持ったアーティストを迎え、音楽・アート・パフォーマンスなど、さまざまな表現を発信しています。

コンセプトは、ずばり「東京が発信する地図」。道も場所も記されていない、紙ですらないこの地図は、「Music.」「Art.」「Performance.」の地図。そのM.A.Pが複数(S)集まり、スペシャルなセッションを六本木ヒルズアリーナで繰り広げます。

そして、5月4日(水)と5日(木)の出演者は、この12組に決定しました!

【5月4日】

Mrs.GREEN APPLE/在日ファンク/水曜日のカンパネラ/フラワーカンパニーズ/大原櫻子/EGO-WRAPPIN’

【5月5日】

GLIM SPANKY/片平里菜/蓮沼執太 & U-zhaan/赤い公園/ペトロールズ/SOIL&“PIMP”SESSION

毎年、プログラム・オーガナイザーがステージをプロデュースする「TOKYO M.A.P.S」。9回目となる今年は、「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」でJ-WAVEナビゲーターとしても活躍中の亀田誠治がオーガナイザーを務めます。

「新しい音楽や、普段は聴かないアーティストの曲と偶然出会う。そして、その魅力を発見する。そんな予期せぬ『音楽との出会い』こそ、ラジオの持つ魅力だと思います。慌ただしい毎日の中で、何気なく通り過ぎていく音楽。でもその中にきっと、あなたの宝物になるような音楽があるはずです。今年のTOKYO M.A.P.Sでは、そんなラジオからふと流れてくる、グッドミュージックを選曲するように、出演アーティストをオーガナイズしてみました」(亀田誠治)

合言葉は“手に入れろ!「感動」の地図を!”。好奇心の扉を開いて、最高の出会いを体験しましょう♪

【関連サイト】

「TOKYO M.A.P.S」オフィシャルサイト

http://www.tokyomaps.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP