ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GWにオススメ!アートを楽しむように生きものの魅力を体感できる水族館が人気☆

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もうすぐ待ちに待ったゴールデンウィーク。旅行等の予定はお決まりですか?

今回は、大阪で話題になっている新名所をご紹介しますね♪

・早くも100万人突破の新名所「ニフレル」

お出かけスポットとしておすすめの「NIFREL(ニフレル)」は、水族館、動物園、美術館のジャンルを超えた「生きているミュージアム」をテーマとした施設です。

昨年11月にオープンして以来、わずか5か月足らずで来館者数が100万人を突破したという人気ぶり!

・現代アートを楽しむように生きものを観察

照明、映像、音楽を駆使して、まるでアートを楽しむかのように、水や陸で暮らす生きものや自然の魅力を体感できる工夫が凝らされているのが特徴なんです。

7つのゾーンからなる館内で、一番人気なのは「うごきにふれる」ゾーン。

1本の小川を隔てて、ペンギンやペリカン、カピバラなどさまざまな種類の動物たちが自由に動き回っているので、見る側も一体となってその空間を共有しているような感覚になれそう!

また、フタのない水槽を設置することで、あらゆる方角から生きもの達の不思議な姿が観察できる「すがたにふれる」ゾーンも注目。

まるで現代美術館のようなスタイリッシュな空間が広がっているんです。

みずべにふれる」ゾーンでは、カバやカメレオンなど水辺に住む生きもののユニークな生態が観察できます。

このほか、宇宙などが球体に描かれた光のインスタレーションが楽しめたり、同館のカフェでほんのり甘い「食べる水」が味わえたりと、盛りだくさんな内容。

ご家族や友人とぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか☆

【NIFREL】
住所:吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内ニフレル
時間:10:00~20:00最終入館は19:00(季節により異なる)
休館日:年中無休(年に1回設備点検のための臨時休館日あり)
料金:大人(16歳以上)・高校生1900円、小・中学生1000円、幼児(3歳以上)600円
http://nifrel.jp/index.html

・施設(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP