ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金子ノブアキ NBAウォリアーズに大興奮で寝不足

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVE月曜〜木曜朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR Ora2 MORNING INSIGHT」。4月14日のオンエアでは、金子ノブアキさんが登場し、ゴールデンステイト・ウォリアーズの最終戦について熱く語りました。

アメリカのプロバスケットボール・リーグ「NBA」のチーム「ゴールデンステイト・ウォリアーズ」は現在72勝ですが、この数字は20年前、マイケル・ジョーダンを擁したシカゴ・ブルズの勝利記録と並ぶ偉業。全82試合ある中で約9割の勝率ということですから驚きです。そして間もなく行われる最終戦に勝利すると、前人未到の73勝に到達する歴史的快挙となります。これには金子さんも「生きているうちに見れるとは思わなかった。それくらいの偉業」と大興奮。

RIZEのドラマーで俳優としても活躍する金子さんですが、実は大のバスケットボール好きであり、ウォリアーズの熱烈なファン。学生時代はバスケ部でガードとして活躍していたそうです。子どもの頃からウォリアーズが好きだった金子さんは、その魅力を「すごい走るバスケ。ラン&ガンっていって、オフェンス重視で派手なんですけど、当時はそんなに勝つチームではなかったんですよね。子ども心にも派手で格好良くて好きだったんです」と語ります。

最終戦に対戦相手は、メンフィス・グリズリーズ。「ディフェンスが強固で有名なんですけど、ウォリアーズ自身はそんなに得意なチームではないんです。去年のトーナメントで一番苦戦したチーム。相手にとって不足はない、というところでしょうか」(金子さん)。  

金子さんが考える今日の最終戦のキーマンは、ウォリアーズのステフィン・カリー。独特のフォームから0.2 秒で打つという3ポイントシュートが特徴で、「彼が今日8本決めると、シーズン通算400本の3ポイントを決めることになります。この記録がすごくて、プレイステーションとかのゲームでも出来ない(笑)」とのこと。

ちなみに今日は、マイケル・ジョーダンの後継者と呼ばれるスーパープレイヤーである、ロサンゼルス・レイカーズのコービー・ブライアントの引退試合が、裏の同じ時間帯に行われるという日だそう。

「今日の1試合にあらゆる記録がかかっています。スポーツはいろいろありますけど、NBAにおいて、多分今日くらいの日っていうのは無いですね。絶対見たほうがいいです!」(金子さん)

今日開催の最終戦、ウォリアーズは歴史的快挙達成なるか……。熱中しすぎて「寝てない」という金子さんと一緒に注目です!

【関連サイト】

「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト

http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP