ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

スキマスイッチが各CDショップで“1日店員さん”を体験

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

4月12日(火)、スキマスイッチがアナザー・ベストアルバム『POPMAN’S ANOTHER WORLD』の発売を記念して、銀座山野楽器本店、SHIBUYA TSUTAYA、タワーレコード渋谷店の3店舗にて“1日店員さん体験企画“を行なった。
1日店員さん(タワーレコード渋谷店) (okmusic UP's)
銀座山野楽器本店に制服のスーツを着用したスキマスイッチのふたりが到着。ネームプレートを胸につけ、早速、お店のスキマスイッチPOPのサイン書きからお仕事スタート。別会場には抽選で当選したお客さまが、今作のアルバム全27曲ミュージック・ビデオを鑑賞しながら、今か今かとスキマスイッチの登場を待ちわびている。ミュージック・ビデオの上映が終わり、会場の外にはスキマスイッチのふたりがアルバム特典のアナザージャケットをお客さまに手渡し、お見送りした。

2店舗目のSHIBUYA TSUTAYAに到着。早速、控え室で黒い制服に着替え身だしなみチェック。レジカウンターにふたりが並ぶとお客さまがちらちらと横目で見ながら、「あれって、スキマスイッチ?! うそ、なんで??」と驚いた様子。その様子を見ながら、自身のアルバムを手に持ち、しっかり笑顔で宣伝するふたりだった。

ラスト3店舗目タワーレコード渋谷店は1階のスキマスイッチコーナーにて商品陳列からスタート。「おススメの曲は何ですか?」というお客さまからの問い合わせにアルバムを片手に丁寧に対応。一人一人、お客さまと会話を交わしながら、アナザージャケットを手渡し、多くのお客さまから「ツアー行きます。頑張ってください!」とエールをおくられ、全3店舗、“1日店員さん体験企画”は終了した。

スキマスイッチは4月17日(日)にラゾーナ川崎プラザにてスペースシャワーTVの人気番組「SPACE SHOWER COUNTDOWN」の公開収録イベントを行なう。4月22日(金)からは新コンセプトの全国ツアー「スキマスイッチTOUR2016“POPMAN’S CARNIVAL”supported by MINISTOP」の開催が決定しており、今イベントはツアー前ラストのフリーライブとなるのでこちらも見逃せない。

【スキマスイッチ スペシャル・ライブ&トーク 詳細】
開催日時:4月17日(日) 14:00~

開催場所:ラゾーナ川崎 2F ルーファ広場 グランドステージ

■抽選コーナー・ハイタッチ会 参加方法

当日、ライブ本編終了後に「抽選コーナー」と「ハイタッチ会」を開催します。「抽選コーナー」と「ハイタッチ会」にご参加希望の方は下記参加条件をよくお読みください。皆様のご参加お待ちしております!

<ハイタッチ参加方法>

ライブ当日、会場横のCD特設販売ブースにて、対象商品をご購入いただいた方に、お一人様CD1枚につきハイタッチ参加券を1枚お渡しいたします。

ハイタッチ参加券配布期間:4月17日(日) 10:00~ハイタッチ会終了まで

ハイタッチ参加券配布場所:2F ルーファ広場グランドステージ横

<抽選参加方法>

・ライブ当日、館内で1,000円以上(税込・合算不可)お買上げの方

・ライブ当日、CD特設販売ブースにて、対象商品をご購入いただいた方

上記いずれかの条件を満たした方に、お一人様1枚限り抽選券をお渡しいたします。

抽選券配布期間:4月17日(日) 10:00~14:00

抽選券配布場所:2F ルーファ広場グランドステージ横

<CD特設販売ブース>

CD販売期間:4月17日(日) 10:00~

CD販売場所:2F ルーファ広場グランドステージ横

※CD特設販売ブースでのお支払いは現金のみとなります。クレジットカードはご使用いただけません。また、ポイント付与・駐車券サービス券などは対象外となります。

※雨天の場合は、内容及び場所が変更になる場合がございます。

<対象商品>

アルバム『POPMAN’S ANOTHER WORLD』

【初回生産限定盤】

AUCL-30034〜30036 : 3CD(すべてBlu-spec CD2)

【通常盤】

AUCL-204〜205:2CD

1日店員さん(SHIBUYA TSUTAYA) (okmusic UP's)
1日店員さん(銀座山野楽器本店A) (okmusic UP's)
1日店員さん(銀座山野楽器本店A) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。