体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トラベルライターがおすすめ。小さいけど意外に役立つ「旅行のヒント」45選

166193831

旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ないと気づかない意外なヒントが満載。

ここでは、その中から使える旅テクを厳選し、どどんと45個リストアップ!

01.
靴下は1足でも余分に持ち歩く

20539335

旅行中は、とにかく歩くことが基本です。日常の洗濯機ではなく手洗いでは、次第に靴下もくたびれ気味に。そこで1足でも余分に靴下を持っていくことをオススメ。履かずとも、用途はたくさん。ガラス瓶などの割れものを靴下に包んで保管できます。

02.
常にタオルを入れておこう

タオルは、目的地を書いたサインボードとともにヒッチハイクを成功させるためのキーアイテム。もちろん、ピクニック、ビーチ、いつでもどこでも。

03.
バックパックは
極力小さめ

容量があればあるだけ、ギアはついつい増えてしまいます。だけど、そもそもそんなに必要なものってありますかね?旅先で重すぎて荷物を送り返す人も多いようですよ。

04.
手数料無料の
銀行カードは“きほんのき”

ただでさえ出費を抑えたい旅先で、お金を下ろす度に手数料を取られていてはかないません。手数料なしで利用できるクレジットカードはたくさん。資金繰りをスムーズに上手に活用するには、現地のATMに手数料を与えないこと。

05.
不慣れでも、ひとり旅を

270558662

旅ほど、短期間に多くのことを学べる機会はありません。ひとり旅で、誰とどう話すか。不慣れな環境に身を置くことで、どう自分が成長できるか。そこに尽きます。

06.
目的地に着いたら、まずは
インフォメーションで
「観光マップ」をゲット

観光客丸出し?そんなことお構いなし。インフォメーションセンターに行けば、たいていどこでも観光ガイドマップがフリーで置いてあります。これが使える!

07.
長距離フライトは
窓側席がベター

頭を窓側の壁にもたれさせて休むことができるから。さらに、前方に近い席を予約すれば、他の人たちよりも早く入国審査の列に並べます。

08.
マネーベルトは逆にキケン

泥棒に対して、どこにお金を隠しているかを自分から晒しているようなもの。「自分は大金を持ち歩いてます!」なんて、わざわざアピールするようなマネは厳禁!

09.
道に迷うのも旅の楽しみ

206740534

新しい街をあてもなくさまようことは、その土地の知る手がかりになります。思いがけない発見があるかも。

10.
外出するときは
必要最小限で

意外に安全なのが宿のカバンの中だったりすることも。外出先でスリに合う確率と、ホテルで盗難に合う確立を考えたら…。もちろん、しっかり施錠したり、「そこはまずないだろう」という隠し場所を考えておくこと。

11.
旅に錠前は役立つ!

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。