ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、「TORQUE G01」のソフトウェアアップデートを開始、GPS測位時に再起動する問題を修正

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDI は 4 月 14 日、京セラのタフネススマートフォン「TORQUE G01」のソフトウェアアップデートを開始しました。今回のアップデートでは、GPS の位置測位の際に稀に端末が再起動するという致命的なバグが修正されています。TORQUE G01 のアップデートは、端末単体で実施できます。端末の設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」→「ソフトウェア更新開始」→「今すぐアップデート」の順にタップしていくと手動で即実施できます。アップデート後のビルド番号は「108.1.2110」です。Source : KDDI

■関連記事
Android N Developer Preview 2ではマルチウィンドウモードでもYouTube動画の再生が継続される、バックグラウンド再生も可能
Android N Developer Preview 2の変更点(随時更新)
NVIDIA、SHIELD Tablet K1にVulkan APIのサポートを含むAndroid 6.0.1へのアップデートを配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP