ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

一生に一度は行きたいカフェ!営業は週3日だけの「万年山文庫」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

映画や小説の舞台にもなった、徳島県の眉山(びざん)。この山のふもとに営業は週3日だけいう、ちょっと不思議なカフェがあります。

今回は筆者が旅の道中で偶然出会った、極上に癒される空間の「万年山文庫」をご紹介しましょう。

静かな時間が流れる、大人の隠れ家

【徳島】一生に一度は行きたいカフェ!営業は週3日だけの「万年山文庫」

徳島市のシンボルでもある眉山の北麓にある、阿波藩歴代藩主の墓所・万年山(まんねんやま)。この麓に万年山文庫は佇みます。

【徳島】一生に一度は行きたいカフェ!営業は週3日だけの「万年山文庫」

営業は土、日、月曜日のみ。万年山文庫は、定年退職を機に京都からUターンしたご夫妻が開かれたお店だそう。丁寧に準備を進めたり、ご自分たちの時間もしっかり持ちたい、という思いから週3日の営業にされているようです。

【徳島】一生に一度は行きたいカフェ!営業は週3日だけの「万年山文庫」

黄色の建物が目印の万年山文庫。玄関前には薪ストーブ用の薪が積まれています。

【徳島】一生に一度は行きたいカフェ!営業は週3日だけの「万年山文庫」

入り口では、春を感じる華やかなお花がお出迎え。

【徳島】一生に一度は行きたいカフェ!営業は週3日だけの「万年山文庫」

ドア開けると、壁にびっちり本が並べられた図書室が! 歴史、料理、社会、動物、小説、図鑑まで様々なジャンルが揃っています。2階への階段までとにかく本がいっぱい。

【徳島】一生に一度は行きたいカフェ!営業は週3日だけの「万年山文庫」

これらの本はマスターご夫妻が集められてきた蔵書だそうで、自由に選んでお茶を飲みながら読ませていただけるんです。お店の名前が「文庫」という理由がよくわかりました。

【徳島】一生に一度は行きたいカフェ!営業は週3日だけの「万年山文庫」

白い壁と木のぬくもりが調和した柔らかな2階の茶房。ゆったりした心地よい音楽が流れ、極上の癒しの空間。木製の格子窓からは、春の穏やかな光が差し込んでいます。

【徳島】一生に一度は行きたいカフェ!営業は週3日だけの「万年山文庫」

手作りのチーズケーキとコーヒーをいただきながら、ゆっくりと読書。ご夫妻のお人柄や心遣いが随所に表れているカフェで、心地よい時間を過ごせました。茶房のドアを開けると、万年山の美しい木々を眺められるテラス、その奥には“おしゃべりを楽しんでほしい”という思いから作られた「談話室」があります。

丁寧につくられた、オリジナルメニュー

【徳島】一生に一度は行きたいカフェ!営業は週3日だけの「万年山文庫」
(C)万年山文庫

黒米入りご飯のカレー
トマトの酸味や自家製マーマレードの甘みがアクセントになったカレー。黒米はマスターの弟さんが手がける、島根県の農場から届けられたものを使用。

【徳島】一生に一度は行きたいカフェ!営業は週3日だけの「万年山文庫」
(C)万年山文庫

ハム&オニオントースト
ロースハムとタマネギに黒胡椒と岩塩だけで味付けした、シンプルなトースト。丁寧に淹れられたおいしいコーヒーの最高のお供に。

ステキな場所や人と出会うと心が豊かになることがありますが、まさにそんな気持ちになれる「万年山文庫」。徳島を旅した時は、別世界のような時間が流れるカフェを訪れてみてはいかがでしょうか?

[万年山文庫]
[Photos by Nao]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。