ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

話題の紅藻エキスがあの有名なエイジングケア化粧品に使われている

DATE:
  • ガジェット通信を≫

紅藻エキスって聞いたことはありますか? テレビCMでおなじみのアンチエイジング化粧品「ドモホルンリンクル」に配合される成分です。お肌の保湿、抗酸化力が抜群なのに加え、ぽっちゃり下半身をスリムアップする効果も期待できる優秀なサプリメント素材でもあります。美の味方、紅藻エキスの威力をチェックしてみましょう!

紅藻はどんな植物?

紅藻は文字通り赤色をしている藻で、テングサ、オゴノリ、トサカノリ、キリンサイなどがあります。緑藻は光合成色素としてクロロフィルを持ち、太陽の赤色と青色の光を吸収して光合成を行います。紅藻は、クロロフィルも含んではいますが、赤色の光合成色素フィコエリスリン(フィコエリトリン)を持ち、緑色の光を吸収して光合成を行っています。深いところに生息する紅藻ほど赤みが強く、浅瀬に生える紅藻は緑や黄褐色を含んだ色合いのものが多くなっています。

紅藻エキスとは?

紅藻から抽出したエキスで、肌や髪の保湿効果を持つ水溶性高分子、クロロフィルのほか、フィコエリスリンやフィコシアニンなどの色素たんぱく質を含みます。クロロフィルには抗酸化力、造血作用、コレステロール値改善、抗菌・殺菌作用、デトックス作用などがあります。フィコエリスリンやフィコシアニンにも、抗酸化力・免疫力アップ、炎症を抑える、デトックス効果があるので、肌荒れや肥満・生活習慣病が気になる人が摂るとよいでしょう。紅藻にはミネラル、ビタミンも豊富なので相乗的にアンチエイジングにはたらきかけてくれるのです。

紅藻スキンケア・ヘアケアで健やかに

お肌を保湿する効果やアンチエイジング効果が高いので、化粧水などスキンケア商品に含まれています。ヘアケア製品に使われると、紅藻エキスに含まれるミネラルと水溶性高分子によるミクロのコーティングの力で髪がうるおいツヤツヤになります。紅藻エキスは、このほかにも下半身をスリムアップするボディーパック、顔を引き締めるクレイパックなどに使われます。ナチュラル素材なので肌を傷めずに効果が期待できるのも嬉しいですね。

writer:松尾真佐代

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP