ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ディーン・フジオカ 10月期ドラマで織田裕二と共演の情報

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHK連続テレビ小説『あさが来た』の“五代さま”を演じて一躍トップスターに駆け上がったディーン・フジオカ(35才)は、現在引っ張りだこ。芸能関係者が話す。

「ドラマの制作現場では、放送のおおよそ1年前から構想が練られ始め、マンガや小説の実写化なら原作者や出版社との交渉がスタートします。同時に、主演級の俳優へのオファーが進められます。『人気俳優は1年先のスケジュールまで真っ黒』なんてよくいわれますが、決して大げさではないんですよ。ただ、ディーンさんのように急にブレークした場合は話が別で、われ先に起用したい各局の争奪戦になります」

 そんなディーンは、1月からの連ドラ出演が急きょ決定した。

「深田恭子さん(33才)主演の『ダメな私に恋してください』に準主役で出演しましたが、朝ドラで話題になってすぐにオファーを出したTBSが早技で射止めたかたちです。放送直前に決定するのは超ギリギリで、かなり異例のことでした」(前出・芸能関係者)

 今クールは所属事務所の先輩・福山雅治(47才)の3年ぶり月9出演もあり、ディーンはお休みだが、最も激しい争奪戦になったのは、ディーンをメーンキャストにすえて制作を考えられる10月スタートの連ドラ枠だったという。

「どの局もディーン人気に気づいた時には7月スタートの枠はほぼ埋まっている状況。今回注目の、10~12月枠はオファーが殺到、最終的にはTBSで大型連ドラが決まったそうです」(テレビ局関係者)

 今度はディーンのどんな表情が見られるのか今から期待がふくらむが、女性セブンはドラマに関する極秘情報をゲット。

「織田裕二さん(48才)と中谷美紀さん(40才)との共演みたいですよ。キャスティングだけでも目玉ですよね」(前出・テレビ局関係者)

 ディーンと織田はライバルなのか仲間なのか、中谷の恋人はどちらなのか…妄想はふくらむが、ドラマやテレビ局関係者の話をまとめると、「ミステリー」で「ラブストーリー」で泣ける下町の男たちの物語だという。

「タイトルは未定ですが、一部資料には“単にシリアスに事件を暴くだけではない。思いもかけないトリックや証拠の改ざん、偽証もある。主人公の情熱と愛、仲間たちの助けなどによって、事件の真相に迫っていく”とあるようです」(別のテレビ局関係者)

 ということは、もしかしたら刑事モノ? 格闘技や武器集めが趣味というディーンだから、犯人を追うアクションシーンでその肉体美が拝めるかも? 資料には、《この物語は、日本の「ロッキー」である》という言葉もあるという。これはもう待ちきれない!

※女性セブン2016年4月28日号

【関連記事】
杏、ギャラクシー賞贈賞式で魅せる美しさ 多彩な演技が評価
ディーン・フジオカ 事務所の先輩・福山を超えたランキング
船越英一郎 崖っぷちシーンの撮影でもスタントマン使わない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。