ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ようこそ、ネオン街へ】外国人が撮影したサイバーパンクな東京・路地裏11選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。

撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛すグラフィックデザイナー、LIAM WONG(リアム・ウォン)さん。ぜひアナタも、ひと味違う「TOKYOの夜」に飛び込んでみては?

東京の路地裏を
さまよい歩く

Photo by Liam Wong

撮影地は、新宿、渋谷、中野、浅草、秋葉原などに渡ります。色彩を強めた写真の効果で、まるで東京の街が異空間のように…。

Photo by Liam Wong

Photo by Liam Wong

Photo by Liam Wong

Photo by Liam Wong

Photo by Liam Wong

Photo by Liam Wong

Photo by Liam Wong

Photo by Liam Wong

Photo by Liam Wong

Photo by Liam Wong

これらの写真は、海外サイト「MY MODERN MET」などでも話題になりました。

ネオンまどろむ東京、路地裏。なんだか、光を求めてユラユラと彷徨(さまよ)いたくなってしまいますね。

Licensed material used with permission by Liam Wong

関連記事リンク(外部サイト)

2045年、東京湾の真ん中に世界一高い「高層タワー」が建つ?
紙から文字が飛びでてくる!?トルコのグラフィックデザイナーが描く「3Dカリグラフィー」
撮影期間5年、600時間以上。「同性婚裁判」の裏側に迫ったドキュメンタリーが胸を打つ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP