ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マイリー・サイラスの父でカントリー歌手のビリーも“LGBT差別法”に抗議

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ブライアン・アダムスやブルース・スプリングスティーンなどに続き、マイリー・サイラスの父親でカントリー歌手のビリー・レイ・サイラスも卑屈なアンチLGBT法に対して抗議した。

 1992年に「Achy Breaky Heart」で全米No.1を獲得した経歴を持つ同シンガー兼俳優は、「声に出して言わないのは怠慢だ」と述べ自身の意見をフェイスブック・ページで共有。「明確な態度を示している良き友人ブライアン・アダムスや、この動きに初めから加わっている娘のことを踏まえると、この問題は私にとって非常に重要なことだ。一人の友人、そして父として……私はこの闘いをとても初期の段階から見てきた。全ての人が公平に扱われるべきだと思う。我々はあまりにも遠い場所へ来てしまった、間違うことはできないんだ」などと綴っている。

 アメリカでもっとも過激なアンチLGBT法とされている“宗教の自由法”がミシシッピ州で可決されたため、ブライアン・アダムスは4月14日に予定していた同州でのショーをキャンセルした。今回のビリー・レイ・サイラスのコメントはこれに続いて行われたものだ。

 また、ブルース・スプリングスティーンも先週末、物議を醸しているノースカロライナ州の“トイレ法”に抗議するため、同州でのコンサートを拒否した。同法では、トランスジェンダーの人々が使用を許可されるトイレを規定しているのだ。

関連記事リンク(外部サイト)

ドナルド・トランプの優勢にマイリー・サイラス「彼が大統領なら国を出る」
セレーナ・ゴメスが同じ元カレめぐるマイリー・サイラスとの不仲説にコメント
マイリー・サイラス、【ALSチャリティ・ウォーク】にサプライズ参加

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。