ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ライブ・イマージュ初の「生音」コンサート開催、LE VELVETSが生歌披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月12日、今年で16年目を迎えるシリーズコンサート「live image 16 seize」がサントリーホールにてツアー開幕を迎えた。

羽毛田丈史、ゴンチチ、小松亮太、NAOTO、宮本笑里、LE VELVETS、沖仁が出演。生音とのコラボレーションを披露した。

リラクシング・ミュージック・コンピレーション「image」がシリーズ累計350万枚のセールスを記録。「live image」としては、昨年までの15年間に207公演、580,000人を動員している人気シリーズ。 

本年からは装いも新たに生のオーケストラサウンドと映像のコラボレーションでコンサートを開催、会場も初のクラシックホールになり、シンフォニー・コンサートとしては、初めての試みとなった。

出演は音楽監督の羽毛田丈史、ギターデュオ ゴンチチ、バンドネオン 小松亮太、ヴァイオリン NAOTOらのおなじみのメンバーに、母親になり力強くカムバックを果たした宮本笑里、2回目の出演となるLE VELVETS、そしてフラメンコギターの名手・沖仁が初出演し、「禁じられた遊び」ほか、たった1本のギターで卓越した技を披露し、場内を沸かせた。

すべてのアーティストにおいて、生音とのコラボレーションは圧巻の一言。宮本笑里は娘を思いながら作ったという「birth」を演奏。本編最後の登場となったLE VELVETSは、マイクを通さず“生歌”で、「ADAGIO」「O Sole Mio」を歌い上げ、美しく深みのあるハーモニーを披露した。

公演は名古屋、大阪でも開催。また5月1、2日には再びサントリーホールにて開催する。チケットは発売中。

公演情報
「live image 16 seize(ライブ・イマージュ セイズ)」
出演:沖仁(フラメンコギター)/小松亮太(バンドネオン)/ゴンチチ(ギターデュオ)/NAOTO(ヴァイオリン)/羽毛田丈史(ピアノ)/宮本笑里(ヴァイオリン)/LE LE VELVETS(ヴォーカルグループ) …and more

4月17日(日)名古屋・愛知県芸術劇場
5月1日(土)東京・サントリーホール
5月2日(日)東京・サントリーホール
5月3日(火・祝)大阪ザ・シンフォニーホール
5月7日(土) 大阪・ザ・シンフォニーホール
チケット:キョードー東京チケットセンター 0570-550-799
(オペレータ受付 平日11:00時〜18:00 土日祝10:00〜18:00)

関連リンク

imege公式ウェブサイトhttp://www.liveimage.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP