体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドライブデートにもおすすめ!京都の夜景スポットTOP8

Photo credit: olgite via flickr cc

Photo credit: olgite via flickr cc

こんにちは! Compathy Magazineライターのkomiです。
日本が誇る美しい古都・京都。桜や紅葉の名所があったり、歴史ある建造物が立ち並んでいたりと見どころ満載ですよね。でも魅力は、それだけじゃないんです! 京都には夜景を楽しめる素敵な場所がたくさんあり、ロマンチックな気分をたっぷりと味わえるんですよ。
由緒あるお寺から眺めたり、街のシンボル・京都タワーから見下ろしたり・・・夜景巡りをしてみるのも、楽しい旅の思い出になりますね。
今回は、古き良き日本の古都・京都で夜景を楽しめるおすすめスポットをご紹介します。

1. 四明嶽駐車場(比叡山ドライブウェイ)

比叡山ドライブウェイ
比叡山ドライブウェイ posted by (C)べるわ

四明嶽駐車場は、ドライブウェイをひた走ると到着する比叡山の山頂にあります。第1・第2駐車場があり、第2駐車場からは京都、大阪、大津の夜景を望むことができます。車のなかからでも、美しい夜景を見ることができますよ。
雄大な山々と、輝く街の夜景を一緒に鑑賞できるスポットです。トイレも完備されているので、長時間滞在しても安心ですね。標高が高い場所にあるため、夏でも肌寒く感じることがあります。上着を忘れないように注意しましょう。

四明嶽駐車場(比叡山ドライブウェイ)/Shimeidake Parking(Mt Hiei Driveway)
住所:京都府京都市左京区
電話番号:077-529-2216
営業時間:(3/1~11/30)7:00~23:00(12/1~2月末日)9:00~19:00
料金:(二輪車)1,160円(小型普通車)1,670円(マイクロバス)4,200円(大型車)6,700円
ホームページ:hhttp://www.hieizan-way.com/guide_spot.html#viewpoint06

2. 万灯呂山展望台

標高300mの高さにある万灯呂山展望台からは京都だけでなく、奈良を一望することができます。また芝生に座ってのんびりと夜景を楽しめるところも魅力の1つで、おやつや飲み物を持っていけばピクニックのような楽しい気持ちを味わえますよ。
アスレチックなどもあるので、小さな子どものいるファミリーにもおすすめです。スポット名の「万灯呂」は雨乞いの儀式の際、大勢の人が集まって大峰へ松明行列を行ったことに由来します。周辺には灯りがほとんどないので、懐中電灯を持っていくと安心ですよ。
360度のパノラマで夜景を楽しみたい方に、イチオシのスポットです。

万灯呂山展望台(Mandoroyama Observation)
住所:京都府綴喜郡井手町大字多賀小字大峰
電話番号:0774-82-6162(井手町 企画財政課)
営業時間:24時間開放 ※7/20~8/31は平日17:00、土・日は22:00に展望台閉鎖
ホームページ:http://www.town.ide.kyoto.jp/soshiki/kikakuzaiseika/photonews/1404266219177.html

3. 将軍塚

京都市
京都市 posted by (C)しらたきあおい

「夜景100選」にも選ばれている定番夜景スポットといえば、将軍塚市営展望台です。愛宕山や嵐山、京都タワーなどを眺めることができ、春になると満開の桜が咲き誇ります。アクセスも抜群に良く、国道1号線からわずか数分で到着することができますよ。
将軍塚市営展望台を進んだところには、将軍塚青龍殿があります。清水寺の約4.6倍の広さを持つ舞台から見下ろす京都の街は、言葉に出来ないほどのスケールです。春と秋には、夜間ライトアップが開催されるのでチェックしてみてくださいね。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。