ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佳子さまが秋篠宮家旅行で籠城した理由と眞子さまの思いやり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 秋篠宮ご一家は3月末、栂池高原スキー場(長野県)でのスキー旅行へ向かわれた。このスキー場は、紀子さまがご成婚の直前にご両親と弟の4人でいらっしゃった思い出の地でもある。

 3月26日の午前9時半を回り、上下黒のスキーウエアにハンチング帽、サングラスをかけた秋篠宮さまがゲレンデに姿を見せられた。グレーのウエアの紀子さまと、空色のウエアを着た悠仁さまが笑顔でお話をされている。眞子さまは大きなポンポンのついたニット帽がかわいらしい。大学時代にスキー部に所属されていた眞子さまが、悠仁さまとご一緒に滑られるシーンも見られた。

 微笑ましい“家族スキー”のワンシーン。だが、そこに佳子さまの姿は一度も見られなかった。ご家族がスキーを楽しまれている間、佳子さまがホテルから外に出られなかった理由を、事情を知る秋篠宮家関係者がそっと耳打ちする。

「実はスキー旅行を巡って、佳子さまと秋篠宮さまとの間で大きな衝突があったようです。その結果、佳子さまは頑なにゲレンデにお出にならなかった」

 今回、私的なご旅行でありながら、ゲレンデにはスキーを楽しまれるご家族に、三脚を立ててテレビカメラを向ける存在があった。

「あとからわかったことですが、どうやらご一家のプライベートタイムを映像と写真で記録するため、撮影クルーが同行していたようなのです。そして佳子さまがゲレンデに姿を見せられなかった理由はこの撮影クルーの存在にあったようです。佳子さまは、ご公務など公の席での写真や映像は仕方がないと受け止めていらっしゃいますが、ご自身やご家族とのプライベートな面が広く世に出ることに大きな不満を持っていらっしゃるのです。根っこにあるのは、小学校時代のフィギュアスケートのトラウマだということです」(前出・秋篠宮家関係者)

 幼少からフィギュアスケートを習われてきた佳子さまは、小学校時代に大会に出場し、優勝経験もあるほどだ。

「伸びやかに元気よく演技されるお姿が公開され、当時は佳子さまのかわいらしさがよく伝わると大変評判のよいものでした。しかしその後、佳子さまが成長され、高校や大学進学、さらに成人と人生のターニングポイントを迎えるたび、繰り返しメディアで流された。年頃の佳子さまとしては、幼い頃のご自身の姿が画面に映し出されることに、大変な苦痛を感じていらっしゃったということでした」(前出・秋篠宮家関係者)

 翌27日もゲレンデに姿を見せられたのは紀子さまと眞子さま、悠仁さまの3人だけ。同日午後に帰京されるまで、佳子さまは前日朝から約30時間にわたってホテルに“籠城”されたまま、姿を見せられることはなかった。できあがったのは、佳子さまが写っていない“4人の家族写真”。ここに新たな火種があった。

「宮内庁は、今回のスキー旅行の写真と映像を機を見て公開する予定でした。しかし帰京後、眞子さまが秋篠宮さまに強く異を唱えられたのです。佳子さまのお気持ちをくんで妹君に味方する立場に立たれました。実際のところ、スキー場でのお写真に佳子さまのお姿はないわけですから、問題もないように感じられます。ですがもし4人だけの写真や映像が公開されたら、“なぜ佳子さまはいないのか?”と、やり玉にも上がってしまうことを心配したのでしょう。佳子さまを思いやっての眞子さまの行動でいらっしゃったようです」(前出・秋篠宮家関係者)

 さらには、こんな逸話もある。

「秋篠宮さまは、悠仁さまの躾についてともすれば寛容すぎるという面があるそうです。悠仁さまが何かいけないことをしても、大目にみて叱らない。一方の眞子さまと佳子さまは、小さい頃に同じようなことをして叱られた経験があり、どうにも腑に落ちないわけです。そんなときには眞子さまと佳子さまが、秋篠宮さまに対して“もっと叱ったほうがいい”と、目配せされることもあるようです。秋篠宮さまもそれには少々お困りのご様子なんです」(前出・宮内庁関係者)

 大人になられた姉妹はなんとも頼もしいが、ご一家の仲睦まじい家族写真をぜひ目にしたいと願うばかりだ。

撮影■雑誌協会代表取材

※女性セブン2016年4月28日号

【関連記事】
佳子さまの服装問題 父・秋篠宮さまは理解示し口に出されず
佳子さま 秋篠宮さまと生まれて初めての父娘二人っきり旅行
佳子さまの公務 今後は都内の音楽・美術鑑賞など芸術部門か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP