ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金運アップに重要なのはまじめに働くことよりも人間関係

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 誰もが願う「金運アップ」。もちろん働けばお金は貯まっていくものだが、それ以上に人間関係が重要だと言うのは風水建築デザイナーの直居由美里さん。一体どういうことなのか? 具体的なポイントを教えてもらった。

 * * *
 金運を上げたいのなら、コツコツまじめに働くのは当然ですが、それ以上に大切なのは人間関係です。

 人と人がつながることは、お金の循環を生みます。公私ともに人脈を広げていくことが、金運を引き寄せるための鍵となります。お金を得るには、周りの人の協力やサポートが必要不可欠です。風水でも、やたらとガードを固めて門扉を閉め切った家では、新たな財が巡ってこないので家運は傾いていきます。

「客商売じゃないから人脈は必要ない」という人もいますが、世の中は常に変化しています。新しい情報を得て時代の波に対応しなければ、どんな仕事でも先細りになります。本やテレビ、インターネットで情報が得られるといっても、それは万人に向けたもの。人を介して直接もたらされる情報は貴重です。

 といっても、自分から何も発信しないで人から情報だけ得ようとしてもうまくいきません。人脈を広げたいのなら、まず自分が人からつながりたいと思われるような存在になる必要があります。

 まず、自分が今やっていることに真剣に取り組んでください。たとえば、家事でも自分独自の方法やスタイルを確立すれば、それを知りたいという人は必ずいます。長年続けている趣味を極めるのもいいでしょう。

 そして、せっかく人と知り合っても人間関係のメンテナンスを怠れば、すぐに人脈は切れてしまいます。おつきあいの費用は、将来への投資と考えましょう。

 人に好かれたくて豪華な食事をご馳走したりプレゼントを渡す必要はありませんが、長くおつきあいしたい人と雰囲気のいいカフェでお茶を飲んで会話が弾めば、親密度もアップします。そして、興味のある分野のイベントや勉強会の会費は惜しむべきではありません。

 私が人間関係で最も大切にしていることは、感謝の気持ちを忘れないでいることです。手を貸してくれたり、貴重な情報を伝えてくれた時は、すぐにお礼状を出しましょう。格式張ったものではなくても、メッセージカードでもいいでしょう。時間を置かず、すぐに感謝の気持ちを伝えることが大切です。

 若い人はメールのやり取りで済ませることが多いのでしょうが、私はなるべくお礼状は直筆で書くようにしています。あらかじめ切手を貼ったカードやはがきをバッグの中に入れておけば、外出先で時間が空いた時にさっと書いてそのまま投函できます。さほど親しくないかたでも、お礼状をきっかけにお互いの距離がぐっと縮まります。

 そして、助けてもらったことで新しい進展があった時も、忘れずに報告します。形だけの「ありがとうございました」という言葉よりも、「おかげさまで、事態がこんなふうに発展しました」と具体的に伝えることで、先方に喜んでもらえるからです。

 反対に人を手助けする立場になることもあるでしょう。その場合は、感謝の言葉やお礼がなくても腹を立てないこと。人間は、自分がやってあげたことは過大に、やってもらったことは過小に評価する傾向があります。「あんなにやってあげたのに…」と愚痴をこぼすのは、みっともないし、運気にもマイナスです。

 それに、ある程度の年齢になったら見返りを期待せず、若い世代の手助けをするのが、この世に生かされている者の義務だと思います。誰にだって、礼儀を知らず失礼なことをしてしまった若い頃の苦い思い出があるはずですから。

※女性セブン2016年4月21日号

【関連記事】
金運アップにつながる靴 「ローヒール」「ヘビ皮」「ワニ革」
金運アップにはお金の保管法が大事 財布も定期的に買い換えを
宝くじ含め金運UPに重要なのは収納法と断捨離と風水専門家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP