ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夢を一足はやく実現できる?イギリスのAirbnbで本屋オーナー体験

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イギリス北部のスコットランドに、「本の街」(Scotland’s National Book Town)として知られている場所があります。

夢を一足はやく実現できる?イギリスのAirbnbで本屋オーナー体験
(C) Airbnb/The Open Book

そのウィグタウン(Wigtown)という風光明美な街は、人口が約1000人程度なのに、なんと本屋さんが10件もあるという本好きさんにとっては天国のような土地。そしてイギリス中の本好きが一度は泊まってみたいと夢見る、天国のような宿がこの街にはあるのです。

個性的な宿泊者が訪れる、本屋オーナーになれるAirbnb

その本好き天国宿は、オープンブック(The Open Book)という民泊、Airbnb(エアビーアンドビー)を通して借りられる物件です。

夢を一足はやく実現できる?イギリスのAirbnbで本屋オーナー体験
(C) facebook/The Open Book

白い壁と緑色の窓枠が素敵なこの建物、1階が本屋さん、2階が居住スペースになっています。「ははーん、本屋さんの上に泊まれるわけね」と思いますよね? 半分正解、でもおしいです! このオープンブックは、なんと本屋さんの上に泊まれるだけではなく、「本屋さんのオーナー」を体験できる場所なのです。

夢を一足はやく実現できる?イギリスのAirbnbで本屋オーナー体験
(C) Airbnb/The Open Book

本屋の店内は、こういう雰囲気。

夢を一足はやく実現できる?イギリスのAirbnbで本屋オーナー体験
(C) Airbnb/The Open Book

本屋なので当たり前ですが、壁一面、本の山ですね! このオープンブック、街の非営利団体によって運営されていて、宿泊者は団体ボランティアからのサポートのもと、自由にお店を運営できます。更に読み聞かせ会などのイベント企画も自由。

そして宿泊期間中は、店主としてお店のブログの更新も推奨されているのだとか。本当にオーナー気分が味わえそうですね!

夢を一足はやく実現できる?イギリスのAirbnbで本屋オーナー体験
(C) Airbnb/The Open Book

本屋オーナーを夢見る若者ばかりでなく、80代のご夫婦が新婚旅行(!)の場所としてオープンブックにやってきたこともあるそうです。そしてその老夫婦だけでなく、訪れる人々誰もが「個性的で、それぞれにストーリーがある」宿泊者たちなのだとか。

ローコストでイギリス生活も疑似体験できる

夢を一足はやく実現できる?イギリスのAirbnbで本屋オーナー体験
(C) Airbnb/The Open Book

部屋は二人用の寝室と、キッチン・シャワー&トイレ完備。イギリスで「生活」する気分も体験できそうです。そして驚きなのは、その宿泊費。本屋オーナー体験含め、一泊なんと27ポンド(2016年3月現在約4300円)なのだとか。最低1週間の宿泊条件と退去時に清掃費が別途加算されるそうですが、それでも安いですね!

運営スタッフが言うには、「よく誤解されがちですが、これはボランティアでも有償労働でもなく、あくまでも休暇を過ごしてもらう場所」なのだとか。だからノルマのようなものは全くなく、お店を何時間オープンするかは宿泊者次第。街を観光して回ることも全く問題ないのだとか。まさに夢の宿!

夢を一足はやく実現できる?イギリスのAirbnbで本屋オーナー体験

Airbnb利用に関しては、かつてTABIZINEでも上手な活用法を掲載したことがあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

■関連記事
旅の新定番!世界中の旅人が注目する「Airbnb」を上手に使う5つのコツ
http://tabizine.jp/2015/02/13/30072/

[The Open Book – a bookshop holiday!]
[Travellers Staying At This Place In Scotland Take Turns Running The Bookshop Downstairs]
[Photo by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。