ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

撮り鉄活動はかどるぞ!北海道新幹線含む「川の時刻表」2016版公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

鉄道写真の定番撮影スポットのひとつに、鉄橋があります。鉄橋を通過する列車の迫力や、周りの風景を取り込んだ写真は、撮り鉄ならば一度は撮影した経験があるもの。

しかし、この「鉄橋での撮影」には、ちょっとした難点がありました。それは「列車の正確な通過時刻が判らない」こと。市販の時刻表には、駅の発車時刻しか載ってませんからね。なので、撮影する際には、市販の時刻表を使ってダイヤを自作し、計算で導き出された「通過予想時刻」を基準に撮影の準備を行うというのが、撮り鉄の一般的な行動です。

【関連:鉄道マニアにも「理系」と「文系」がある~鉄道趣味の奥の細道のおはなし~】

しかし嬉しいことに、北海道には便利なものがあるんです。それが北海道開発局が作成している「川の時刻表」。北海道内の河川にかかる鉄橋(鉄製じゃない場合もあるので正式には「橋りょう」といいます)を列車がいつ通過するのか、時刻表の形式で掲載したものです。その2016年版が北海道新幹線と、並行在来線(江差線)が第3セクター化された「道南いさりび鉄道」の開業に合わせ4月5日に公開されました。

表には北海道の地図に、鉄橋のかかっている河川と鉄橋の場所が記入してあり、裏面には鉄橋を「駅」に見立てて、線区ごと、列車ごとに鉄橋の通過時刻が記載されています。基本的に特急がメインで、すべての列車を網羅している訳ではありませんが、これでも便利なものであることには変わりありません。

2011年度版から製作されている「川の時刻表」。きっかけは、北海道開発局の建設部河川計画課が「もっと川に親しんでもらいたい」ということで、川を定期的に渡る列車を基準にしてはどうか、ということだったそう。撮影に活用する撮り鉄はもちろん、一般の人にも好評だそうです。

「川の時刻表」は、北海道内の役所のほか、北海道開発局のサイトからPDF版がダウンロードできます。北海道の旅のお供に「川の時刻表」はいかがですか?

▼参考
北海道開発局建設部河川計画課「川の時刻表」

(文:咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

秘境駅「旧白滝駅」の最期の1日をニコニコ生放送で放映中
鉄道模型店が銀座に鉄道ジオラマバー開店!シュッシュッポポン
日本旅行が「マニアックすぎる」とうなる、鉄ヲタ二人による国内ツアー登場

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP