ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・ソング・チャート】TOP4が停滞する中、リアーナが8週目の首位をキープ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 自身首位獲得週を更に更新して、リアーナの「ワーク」が8週目のNo.1を獲得した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 ビデオ視聴回数は2億3000万回を突破、エアプレイやセールスも好調で、自身首位最長記録である、2011年のヒット曲「ウィー・ファウンド・ラブ」で獲得した10週に次ぐ首位獲得数をマークした。この「ワーク」の大ヒットを受け、アルバム『アンチ』も初登場から11週連続でTOP10入りを果たしている。

 一方で、3月30日にリリースされた2曲の新曲は、「ニーデド・ミー」が47位に上昇、「キス・イット・ベター」は80位に初登場した。リリース翌日に公開された「キス・イット・ベター」のビデオは、これまで1500万再生回数を突破しているが、「ワーク」と比較すると伸び悩み、セールスやエアプレイも好調とはいえない。リリース前からチャートインを果たしていた「ニーデド・ミー」は、未だビデオが公開されていないことから、ビデオのリリースがあれば、更に順位を伸ばすことも期待できる。

 本来、リアーナの新作をプロデュースする予定だった、カニエ・ウェストの新作『ザ・ライフ・オブ・パブロ』が、今週のアルバム・チャートで初登場首位デビューを果たした。そのリアーナがゲスト参加した新曲「フェイマス」が34位に初登場、その他にも、アルバムからのトラックが8曲ソング・チャートに初登場し、この8曲のストリーミングポイントが、アルバムのセールスに大きく貢献した。アルバムの実売(セールス)3万枚弱に対して、ストリーミングだけで6万枚強のポイントを獲得している。

 リアーナやカニエののように、リリース日を曖昧にしたまま、急遽アルバムを発売する形態が全米では流行しているが、その先駆けでもあるドレイクの新作『ビュー・フロム・ザ・シックス』は、現段階で4月29日にリリースされると発表されている。その新作から、新曲「ポップ・ダンス」が16位に、「ワン・ダンス」が21位に初登場した。「ワン・ダンス」はフィリピンのシンガー、カイラをゲストに招いたダンスホール調のナンバーで、リアーナとの「ワーク」が大ヒット中ということもあり、同テイストのこの曲も、ビデオがリリースされればヒットが期待できそうだ。

 「ワーク」に迫るヒットを記録しているのが、ルーカス・グラハムの「セブン・イヤーズ」。2位に上昇してから各ポイントを伸ばし、今週は首位と僅差に迫り、次週は入れ替わりも期待できるかもしれない。また、3位に停滞中のメーガン・トレイナーの新曲「NO(ノー)」も好調で、アルバムのリリースまでに首位に到達する可能性も高い。

 毎春恒例、【アカデミー・オブ・カントリーミュージック賞】が4月3日に放送されたことで、今週出演したカントリー・シンガーたちの新曲が一気に上昇。ティム・マグロウの「ハンブル・アンド・カインド」が先週の44位から30位に、トーマス・レットの「ダイ・ア・ハッピー・マン」は45位から36位へ、ジェイソン・アルディーン「ライツ・カム・オン」は43位に初登場を果たした。その他にも、ブレイク・シェルトンや、ディエクス・ベントレー等もポイントを伸ばしている。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、13日22時以降となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「ワーク feat.ドレイク」リアーナ
2位「7イヤーズ」ルーカス・グラハム
3位「ノー」メーガン・トレイナー
4位「ピロートーク」ゼイン
5位「パンダ」デザイナー
6位「ラヴ・ユアセルフ」ジャスティン・ビーバー
7位「マイ・ハウス」フロー・ライダー
8位「アイ・トゥック・ア・ピル・イン・イビザ」マイク・ポスナー
9位「ワーク・フロム・ホーム」フィフス・ハーモニー
10位「ミー、マイセルフ&アイ」ジー・イージー&べべ・レクサ

関連記事リンク(外部サイト)

4月23日付 Billboard Hot 100 全米ソングチャート
4月23日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
【2016 Billboard Music Awards】ノミネート・アーティスト発表!ザ・ウィークエンドが最多ノミネート

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP