体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NTTドコモ、10月7日より「Galaxy Tab 10.1 LTE SC-01D」の予約受付を開始

NTTドコモが「Galay Tab 10.1 LTE SC-01D」の予約受付を今週末7日(金)より開始すると発表しました。Galaxy Tab 10.1 LTE SC-01Dは、NTTドコモのLTE方式によるデータ通信サービス「Xi(クロッシィ)」に対応したSamsung製のHoneycombタブレット。Xi(クロッシィ)エリアにおける現時点での通信速度は下り最大37.5Mbps/上り最大12.5Mbps。Galaxy Tab LTE SC-01DはHSPAにも対応しているので、Xi(クロッシィ)エリア外の場合でも、FOMA/FOMAハイスピードエリア内で利用することもできます。FOMAハイスピードエリアにおける通信速度は下り最大14.4Mbps/上り最大5.76Mbps。スペックは、10.1インチWXGAサイズのPSL LCD、Qualcomm APQ8060 1.5GHz(デュアルコア)、1GBのRAM、32GBの内蔵ストレージ、背面に320万画素/前面に220万画素のCMOSカメラを搭載。厚さ約8.6m、重さ約565g、バッテリー容量は7,000mAh。搭載OSはAndroid 3.2(Honeycomb)、UIはSamsung独自の”TouchWiz”。リサイズ可能でリアルタイム情報を更新するウィジェット(天気や写真フレーム、コンタクト情報など)を含む”Live Panel”、頻繁に利用すると思われる6つのアプリをどの画面でもすぐに起動できる”Mini Apps Tray”を搭載しています。Source : NTTドコモ


(juggly.cn)記事関連リンク
チャットアプリ「LINE」に無料の音声通話機能が追加
ASUS Japan、キーボード搭載Honeycombタブレット「Eee Pad Slider SL101」を10月8日より国内発売
NTTドコモ、CEATEC会場で未発表のLTEスマートフォン4機種を展示

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。