ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベートーヴェン 耳が悪いのに指揮者を務めた結果、悲惨なことに……

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVE月曜〜木曜の午後の番組「ACOUSTIC COUNTY」のワンコーナー「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」(ナビゲーター:西村由紀江)。毎回、音楽の話、ピアノの音色をお届けしていますが、今週はオーケストラの花形「指揮者」(コンダクター)を特集しています。

特集2日目となる4月12日(火)のオンエアでは、指揮者という専門職が誕生した歴史を紹介しました。

*   *   *

一般の市民が音楽を楽しむようになってきた19世紀当初、ヨーロッパではあちこちにオーケストラが誕生し、指揮者の需要も増えていきました。

これに伴って、それまで楽団のリーダーや作曲者が片手間に行っていた「指揮」という役目の重要性にも、目が向けられはじめます。そんな中で、指揮者という専門職が誕生しました。

19世紀前半、オーケストラにおける指揮者の重要性と、指揮のあり方にこだわった作曲家といえば、ベルリオーズ、メンデルスゾーン、ワーグナーらが有名です。

ハイドンやベートーヴェンも指揮はしていましたが、古典派の時代までは、あくまで自分の作品の発表のため。他人の曲を振ることは、めったにありませんでした。

とはいえ、オーケストラを意のままに動かすには、音楽能力に加えて「統率力」や「指導力」などそれなりの資質が必要。このようなことが苦手な作曲家にとっては、安心して任せられるプロの指揮者の存在は不可欠でした。

専門の指揮者として最初に有名になったのは、1774年生まれの、ガスパーレ・スポンティーニと、1781年生まれのフランソワ=アントワーヌ・アブネック。

ベルリン歌劇場の総監督として、長年腕を振るったスポンティーニは、大きな指揮棒の真ん中を持ち、将軍のような迫力のある指揮ぶりで、人気があったそうです。

一方、ヴァイオリニスト出身で、時にはヴァイオリンを弾きながらの指揮=「弾き振り」もみせたアブネック。彼は当時のロマン派音楽の傑作を次々に取り上げ、紹介していきました。

ところで、耳が悪かろうが、あくまで自分が作曲した曲は、自身の指揮にこだわったのがベートーヴェンでした。その結果、悲惨なエピソードがたくさん残されています。

たとえば、「田園交響曲」の初演では、途中でやり直し。「第七交響曲」は、オーケストラよりも先に、自分の指揮が終了。オペラ「フィデリオ」では、歌手の声が聞こえず、他の人に途中で交代……。

そうなることは予想されたとしても、自分が作曲した音楽を壊されたくないと、他人に任せられなかったのですね。

【関連サイト】

「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」オフィシャルサイト

http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/secretnotes/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP