ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キングダム実写特別動画プロジェクト始動!信役は山﨑賢人を抜擢

DATE:
  • ガジェット通信を≫

集英社が4月12日、週刊ヤングジャンプで連載中の人気漫画『キングダム』の連載10周年企画として、実写による特別動画プロジェクト始動を発表した。

【関連:「どこでもドア」のお値段64万円!?漫画に登場する架空の企業】

注目される主役“信(しん)”役には、『連続テレビ小説 まれ』の紺谷圭太役などで知られる若手俳優の山﨑賢人さん(21)を抜擢。
さらに撮影場所は、中国浙江省にある東洋のハリウッドと呼ばれる世界最大級の映画撮影所・横店影視城であることも明かされた。日本のマンガ作品としては初の撮影になったという。
また今発表とともにティザーサイト(http://youngjump.jp/kingdom_10th/)をオープン。信が果敢に立ち向かう姿を象徴した画像が公開されている。


映像は2016年4月18日(月)13時より特設サイトで実写特別動画(3分)を公開予定。4月19日(火)23時00分~23時30分のフジテレビ「有吉弘行のダレトク!?」内で60秒スペシャルバージョンのTVCMがオンエア予定となっている。(関東圏内のみの放送。)



関連記事リンク(外部サイト)

大泉洋ハガレン実写でタッカー報道→「勘のいいガキャ―ねぇ!大嫌いなんだよぉ!」が話題
「どこでもドア」のお値段64万円!?漫画に登場する架空の企業
「お前ら何の実写化なら喜ぶんだ」ハガレン実写化報道きっかけで論争

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP