ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

豚丼復活!ほかに復活してほしいファストフードは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


吉野家の「豚丼」が、4年半ぶりにメニューに復活しました。デフレとの関連性が指摘され、ニュースなどでも大きく取り上げられているため、映像を見て「懐かしい!」「食べたい!」と思った人も多いのでは?

【もっと大きな画像や図表を見る】

すでに販売が終了しているファストフードメニューって、時々無性に食べたくなることがあるもの。そこで、20~30代男性会社員200人に、「復活させてほしいメニュー」について、アンケート調査しました(R25調べ/協力:アイリサーチ)。

〈復活させてほしいファストフードメニューTOP10〉
(15項目のなかから上位3位まで選択。1位3pt、2位2pt、3位1ptとして集計)

1位 メガマック(マクドナルド) 211pt
2位 チキンタツタ(マクドナルド) 197pt
3位 マックポーク(マクドナルド) 156pt
4位 いくら鮭丼(吉野家) 98pt
5位 ホットチキンバーガー(モスバーガー) 85pt
6位 マックリブ(マクドナルド) 77pt
7位 カレー丼(吉野家) 66pt
8位 モスライスバーガー鶏つくね(モスバーガー) 54pt
9位 ドラゴンツイスター(ケンタッキーフライドチキン) 46pt
10位 マーボー丼(吉野家) 44pt
10位 角煮きのこ丼(吉野家) 44pt

メガマックは2006年に販売され、マクドナルドの店舗に長蛇の列ができるなど一大ブームとなりました。パティ(肉)が4枚も入っている、まさに“メガ級”のビジュアルが印象に残っているという人も多いことでしょう。

上位の人気メニューたちに寄せられたコメントは、以下の通りです。

●1位 メガマック(マクドナルド) 211pt
「ボリュームがあっておいしい」(29歳)
「1日に3個食べたことがある」(33歳)
「発売された時はネーミングと大きさが衝撃的だった。あの衝撃をもう一度味わいたい」(35歳)
「ネタになるから」(27歳)
「マックの代名詞でしょう」(38歳)
「話題になっていたが、実際に食べたことがなかったので。一度食べてみたい。ボリューム感を味わいたい」(37歳)
「ボリューム満点でかなり食べごたえがあった。ジャンクフードらしくてとても大好き」(34歳)

●2位 チキンタツタ(マクドナルド) 197pt
「一番おいしいバーガーだと思うから」(29歳)
「マヨネーズとの相性が良かった」(29歳)
「鶏肉が好きだから」(39歳)
「あっさり食べられるので、よく頼んでいた記憶がある」(31歳)
「定番メニューにしてほしい。家族も大好きだから」(36歳)
「たまに復活することのある商品だが、めちゃくちゃおいしいので復活するたびに買いに行っています」(31歳)

●3位 マックポーク(マクドナルド) 156pt
「安くておいしいから」(24歳)
「安くておいしかったのでお金がなかった時学生時代よく食べていたから」(28歳)
「安いのにレタスも入っていてとてもおいしかったため」(27歳)
「100円にしては、味がしっかりしていて食べごたえがあるから。タレがおいしい」(33歳)

●4位 いくら鮭丼(吉野家) 98pt
「いくら食べたい」(35歳)
「魚介が好き」(36歳)
「高級感があふれるメニューなので」(31歳)
「学生のころに食べていたので」(28歳)

●5位 ホットチキンバーガー(モスバーガー) 85pt
「ピリ辛おいしい」(32歳)
「ホットソースがおいしいから」(27歳)
「めちゃくちゃうまかったので!」(35歳)
「食べた時かなりうまかった」(39歳)

2位のチキンタツタ(マクドナルド)、5位のホットチキンバーガー(モスバーガー)は、ともにファンからのアツい支持を受けている商品。「期間限定販売」として時おり復活しています。チキンは根強いヒット商品になりやすいのでしょうか?

幸せは近くにあると気が付きにくいもの…。今あるお気に入りメニューも、突然「販売終了」となって後悔しないように、今のうちに十分味わっておくといいかも?

(梵 将大)
(R25編集部)

豚丼復活!ほかに復活してほしいファストフードは?はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

吉野家「豚丼」復活にネットユーザーの反応は?
「マクドナルド裏メニュー」騒動、誤注文する人も
知る人ぞ知る!絶品裏メニュー7選
マックコミケセット オタには余裕?
BKG「ビッグ割」でサンダー人気?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP