体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

かっこよくて健康でいたいなら「ライフログ」

そもそも、ログってなんだっけ?

ログハウスのログは丸太のことだけれど、IT用語でログといえば、パソコンやサーバーでやり取りしたデータの記録ファイルのことを指す。ということは、ライフログとは「生活の記録ファイル」となり、つまり、あなたの日々の生活をまるっと記録したデータということになる。

広い意味でのライフログは、毎日の買い物記録や、交通系ICカードの利用履歴、ゴルフのスコア、ドライブレコーダーの映像などなど、生活を記録したデータはすべて当てはまるけれど、現在ではライフログといえば、ウエアラブル端末で記録する生活行動データの意味で使われることがほとんどだ。

街ゆく人が、手首に文字盤のない時計みたいなものをつけているのを見かけたら、それは十中八九、このライフログを記録する活動量計などのウエアラブル端末だ。加速度センサーや心拍センサーが組み込まれていて、身につけるだけでジョギングした距離や心拍数、睡眠時間などを測定・記録するのだ。データはスマートフォンやパソコンに送られて解析・保存され、いつでもその内容を見ることができる。

普段の生活の活動記録を”見える化”することで、それまであまり意識していなかったことにまで意識が向き、その結果、生活の質を向上していくことができるというのがライフログをとる目的といえるだろう。

話題の活動量計&アプリを一挙ご紹介!

ソニーのAndroidアプリ「Lifelog」を例に、ライフログの中身を具体的に説明しよう。このアプリはソニーが販売しているSmartBandと連携しているが、スマホ単体でも利用可能だ。1日の歩数や消費カロリー、歩いた時間、走った時間はもちろんのこと、自転車利用時間や乗り物移動時間からスマートフォンで撮影した写真の枚数やブラウザの閲覧時間まで、いわば生活のありとあらゆるログを保存できる。SmartBand2と連携させれば、心拍数やストレスレベル、睡眠時間のチェックもできるのだ。いずれにせよ、ライフログとは、このように1日のさまざまなアクティビティを記録して、健康管理に役立てるのが第一の目的。

左は「Lifelog」のホーム画面。消費カロリーから音楽を聴いた時間までがズラリと表示される。右は心拍数を表示してストレスを解析している画面

現在は、活動量計もアプリも種類が豊富になったので、ライフログをこれから活用しようと思う人は、きっとどれが良いのか迷ってしまうだろう。そこで、目的別・形態別に代表的なライフログツールをご紹介しよう。

リストバンド型の世界的定番 JAWBONE(ジョウボーン)「UP 3」

リストバンド型の端末としては、2013年という比較的早い時期に登場した、ジョウボーンのUPシリーズ。最新型の「UP 3」は、活動量計としての基本機能のほかに、睡眠のトラッキングや心臓のモニタリングなどの高度な機能もなによりも女性も身につけやすいスタイリッシュなデザインが人気だ。
■JAWBONE(ジョウボーン)「UP 3」

腕時計型端末ならやっぱりこれでしょ Apple「Apple Watch」

どんな服装や場面で装着しても浮かない、ファッション性がピカイチのApple Watch。ライフログに対応するのが標準搭載の「アクティビティ」アプリ。日常の動きの消費カロリーを測る「ムーブ」、早歩き以上の運動を測る「エクササイズ」、1時間に1分以上立っていたかを測る「スタンド」機能を搭載。蚊取り線香のようなビジュアルで達成度がひと目でわかる。そのほか、多彩なライフログアプリと連携するのも大きな魅力だ。
■Apple「Apple Watch」

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。