ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

不安から検索魔に。待望の妊娠、でも初期から出血…安静中の情報収集はほどほどに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

結婚してから3年。

なかなか子宝に恵まれず、1年半排卵誘発剤での不妊治療を行っていました。

自分よりも後から結婚した友人や同僚が次々とママになっていき、複雑な心境の毎日でした。

治療と仕事の両立の大変さに精神的にも疲れてきて治療を止め、仕事に精を出そうとしていた矢先に妊娠判明。

元々、生理不順だったのですが、生理が来そうな重だるい感覚が2週間続き、念のためと妊娠検査薬を使ったところ陽性反応!

病院へ行ったところ胎嚢が確認でき、妊娠6週2日目とのことでした。

次の日、会社での休憩中にトイレへ行くと、ポタポタと数滴水で薄めたようなピンク色の出血がありました。

痛みはありませんが、妊娠判明前に感じていた生理前の重だるさはありました。

その日は祝日の前日で、その日のうちにすぐにでも病院へ向かいたかったのですが、仕事で遅くなり開院時間に間に合いませんでした。

2日後の朝一に病院へ向かうと、エコーで子宮内の胎嚢近くに血の塊があるとのことで『切迫流産』と診断され、絶対安静。

2日に一度の流産防止のhcg注射と、毎日の止血剤の服用が始まりました。

「出血の量が増えたり腹痛が起きたら、すぐに病院へ来てください」

と医師には言われていました。

こんな初期に注射や薬を飲むことで赤ちゃんに悪影響がないか、いつまで出血は続くのだろうかと、心配で仕方がありませんでした。

量は増えないものの出血は続き、トイレに行くのが恐怖で毎日不安でいっぱいでした。

でも赤ちゃんは順調に大きくなり、卵黄嚢が確認でき7週目には心拍の確認ができました。

心拍の確認ができた際に医師から、

「心拍の確認ができたら、大きな山を越えたよ。経験上大丈夫なことが多いから自信を持ってね。後は赤ちゃんの生命力次第だから。おそらく、胎盤が出来上がるまでには出血は止まるのではないか」

と言われました。

その後1ヶ月半出血は続きましたが、医師の言葉の通り、胎盤が出来上がった頃に出血は止まりました。

助産師さんから聞いたのですが、初期は子宮内が不安定なため出血しやすい状態で、中には出産まで出血が続く方もまれにいるそうです。

胎盤が完成してからは順調そのもので、胎動も痛いくらい。

そして元気な男の子を出産しました。

今も元気いっぱいに遊んでいます。

自宅安静中は、インターネットで同じ症状の方の体験談を片っ端から読んでは不安になりました。

インターネットには沢山の情報がありますが、不安な時はどうしてもマイナスなことの方が目に止まってしまいがちです。

どうか、私のように検索魔にならず、ほどほどに。

もし今、当時の私のように不安を抱えていらっしゃる妊婦さんがいましたら、私の体験を少しでも励みにしていただければと思います。

著者:たいのおすし

結婚3年目にして待望の妊娠。

無事出産し、育児に追われる男児のアラサーママです。

最近のマイブームは、息子を笑わせること。

早く息子を連れてベビ旅に行きたいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

36歳で初めての出産。私の不安を吹っ飛ばしてくれた、元気な赤ちゃんのエコー画像
流産の悲しみを乗り越え3度目の妊娠。またダメかもしれないと疑う気持ちが素直に喜べるようになるまで
妊娠5カ月で流産の末、授かった命

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP