ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新しい表現にこだわるanderlust 今募集中のメンバーは“アーティスト”?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVE月曜〜木曜、お昼の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)。4月12日(火)のオンエアでは、小林武史さんプロデュースの男女ユニットanderlustの越野アンナさん、西塚真吾さんがゲストとして登場し、ステキな生演奏を届けてくれました。

スタジオで披露した楽曲は、anderlustのデビューシングル「帰り道」。これはどのようにしてできた曲なのでしょうか?

「みんながそれぞれ持っている、帰る場所や大切な場所を物語的に描いた楽曲です。大切な人や場所を思い描きながら聞いて欲しいです。実はこの曲は、小林武史さんと共作で、映画『あやしい彼女』の話をいただく前からあったものなんです。映画の話をいただいてから、映画の世界観をより表現するために歌詞を3回書き直しました。さらに、もともと無かったDメロを入れて、Dメロに映画の世界観である時間軸を入れてと、後からいろいろと手を加えました。小林さんとキャッチボールするように、投げ合いながら作りました」(越野さん)

ところで、anderlustは現在3人目のメンバーを募集中。しかも、ドラムやキーボードなどの楽器ができる人というよりは、アートなど他の分野に秀でた人を探しているのだそう!

「グラフィックでもいいし、映像でもいいし。VJの方など大歓迎! 今までにないような感じのバンドになる方向性を持っている方がいたら、ぜひぜひ」(越野さん)

3月にデビューしたばかりのお2人ですが、なんだかワクワクしますね♪ 3人目のメンバーが決まったら、またぜひスタジオに遊びにきてください!

【関連サイト】

「BEAT PLANET」オフィシャルサイト

http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP