体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

わずか3.8ミリで2400mAh蓄電!バッテリー一体型iPhoneケース「Air Case」

Air Case2電池消耗の早いスマートフォン。出先で困ることがないように、予備バッテリー搭載のケースを愛用している読者もいるのではないだろうか。

往々にしてバッテリー一体型のケースはかさばるもの。しかし、今回紹介する「Air Case」はわずか3.8ミリ。開発元によると、この手のものとしては最薄なのだという。

・通話なら12時間分

3.8ミリというと、普通のケースとさほど変わらない。端末保護のためにケースを装着している人は多いだろうが、そこにバッテリー機能を加えられるというイメージだ。

Air CaseAir Caseのバッテリー容量は2400mAhで、通話なら12時間、インターネットなら8時間分を賄える。

・39ドルのオトク価格

Air Caseは現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集していて、39ドル(約4200円)で入手できるという価格設定もポイント。なお、正式発売時の価格は79ドル(約8600円)を予定している。

Air Case3使えるのは、iPhone6、6 Plus、6s、6s Plus。色は黒、白、ピンクから選べる。

世界中どこにでも発送してくれ、しかも送料込み。スタイリッシュさと実用性を備えたケースを探しているというiPhoneユーザーは検討してみてはいかが。

出資は5月12日まで受け付け、発送は今年8月を予定している。

Air Case/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。