ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子どもの保育料>私のお給料…?2人目妊娠をきっかけに退職を選んだ皮肉な理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

妊娠したときの私の身分は契約社員。

半年ごとに契約更新はあるものの、産休・育休制度や、育休明けの職場復帰がきちんと約束されていたので、1人目出産のときには迷いなく産休・育休制度を利用させてもらいました。

4月生まれだったので保育園は探しやすかったのですが、激戦区だったため、認可保育園にはあっさり落選。

仕方なく近所の認証保育園に通わせながら職場復帰することにしました。

その保育園自体はとっても感じがよく、『ここでよかった!』と思える環境だったのですが、保育料が高いのが気がかり。

一人暮らし用の部屋なら借りられそうなほどの額でした(汗)。

そのうえ復帰後は保育園への送迎のため時短勤務。

基本給から不足時間分が減額され、当たり前ですが残業代もゼロです。

正直言って保育園代を差し引くと、雀の涙ほどしかお給料は残らない状態。

それでも仕事そのものはとても楽しく、充実した毎日を過ごしていました。

そして迎えた2人目の妊娠。

妊娠がわかったのは復帰して1年も経たないころでした。

子供は2人欲しいと思っていたうえに、年齢的にも悠長なことを言っていられる状況ではなかったのでとっても嬉しかったのですが、保育園1年目の通過儀礼とも言われる、子どもの病気で呼び出し三昧な日々がやっと落ち着いたころ。

復帰後から担当になった仕事もやっと軌道に乗り始めたころでした。

とはいえ、産まない選択はなかったので、今後の身の振り方を考えなければなりません。

<仕事>

楽しい。

でも息着く間がないほど集中しないと終わらない仕事量。

持ち帰ることもしばしば。

保育園児が2人になると病気などでのお迎え呼び出し回数が増え、迷惑をかけることが増えてしまうのも辛い。

さらに契約形態が変わったため、復帰しても2年後には退職が決まっている。

<子育て>

保育園生活は楽しそう。

長い時間離れているのはさみしいが、短い時間でも一緒にいる時にしっかり愛情を注いであげれば、愛は伝わる!という信念。

<生活>

必要最低限の家事しかできず、荒れている。

仕事と家事以外はやる時間も気力もないギリギリの状況。

両親は遠方に住んでいるので、ヘルプ要請は難しい。

<お金>

これが一番の問題。

保育料が少し安くなる認可保育園に入れる保証はまるでなし。

今の保育園に兄弟で入ることになると、私のお給料は全部飛ぶか赤字になる可能性も大。

…というような状況を考え合わせた結果、退職を決めました。

仕事は楽しく続けたかったのですが、 朝おきてから夜寝るまで全速力で動き続けないと回らないワーキングマザー生活をするより、母子3人でまったりと家にいる専業主婦生活をした方が経済的にも楽という、 なんとも皮肉な結果に屈してしまいました。

その後、私は運良くフリーランスとして自宅で少し仕事ができる状態になりましたが、待機児童問題や保育料、家事や育児の助け合いなど、女性が育児をしながら仕事を続けるハードルがもう少し低くなればなあと、願ってやみません。

著者:かしえ

年齢:38歳

子どもの年齢:4歳、2歳5ヶ月

走る音、戦う音、ケンカの声…。男児2人が暴れまわり、日々騒音が増す家で細々と仕事をする編集者&ライター。関東在住で、地元は九州。帰省のたびに母子3人で飛行機に乗る時間が恐怖で、「どこでもドア」か「安全な眠り薬」を切望中です。最近の悩みは、アニメのキャラクター(妖怪系)の名前が全然覚えられないこと。記憶力、体力、忍耐力と、お金では買えないものばかりが欲しいアラフォー母です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

[岡本安代さんインタビュー第1回]”ママウンサー”誕生秘話!妊娠・出産、そして仕事を続けたいという思い
職場復帰後、実際なにが大変!?今春、3回目の育休明けを迎える私が悩み工夫してきたこと
復職後、息子が体調を崩して何度も休みをとることに…。仕事と育児の両立は本当に難しい

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP