体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Samsung、Snapdragon 652を搭載したGalaxy Tab S2の改良版を海外で発売

Samsung が昨年発売されたフラッグシップタブレット「Galaxy Tab S2」のスペックを改良したリフレッシュバージョンを海外で発売した模様です。ドイツの小売店 Cyberport はこのほど、スペックを改良した「SM-T813」「SM-T819」を発売しました。どちらも Galaxy Tab S2 の 9.7 インチモデルの型番(SM-T81X)を採用しており、SM-T813 は Wi-Fi モデル、SM-T819 は LTE モデルとなっています。既存の Galaxy Tab S2 との大きな違いはプロセッサです。今回の改良版は、Qualcomm の最新 SoC となる「Snapdragon 652」オクタコアプロセッサを搭載しています。この SoC はベンチマーク的には Snapdragon 810 を凌ぐレベルなので、性能はアップしたと見られます。他のスペックは既存の Galaxy Tab S2 とほぼ同じで、9.7 インチ 2,048 x 1,536 ピクセルの Super AMOLED ディスプレイ、3GB RAM、32GB ROM、Micro SD カードスロット、背面に 800 万画素カメラ、前面に 210 万画素カメラなどを搭載し、OS は Android 6.0 にアップデートされています。また、質量は 389g(Wi-Fi)/ 392g(LTE)とかなり軽量です。Source : Cyberport

■関連記事
Android版「駅すぱあと」が九州新幹線の予約に対応
HTC 10の一部キャリアモデルはブートローダーをアンロックできない
Y!mobile、Nexus 6に4月のセキュリティアップデートを配信開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。