ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小籔千豊 「行きすぎた民主主義よりは独裁のほうがええ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 イキる、とは調子に乗る、勢いづく、威張る、偉そうにするなどの意味。吉本新喜劇・座長の小籔千豊(こやぶ・かずとよ)は「イキる奴」が嫌いだという。その小籔が“独裁”の是非について語った。

 * * *
 学生時代から民主主義は「すごくいいことだ」、「平和の象徴」「揺るがない信頼」と教わってきました。でも社会に出て、みんなが口を揃えて言うほどには民主主義は良くないんじゃないか、最近ちょっと民主主義を過信しすぎじゃないかと思えたりもします。

 そもそも民主主義の定義が人によって違います。

 多数決が民主主義だと思っている人もいるし、多数決と民主主義は違うと思っている人もいる。難しいんですが、頭ごなしに「民主主義はサイコー」と思ってる人が多くて、「独裁はダメ」と思っている人が多いですよね。現実に世の中は、民主主義と言いながら格差が広がって、金持ちだけが得する仕組みになってきているじゃないですか。

 松下幸之助さんは「会議室で7割が賛成する意見はもう古い。7割の人に反対されるくらいの意見で丁度いい」なんておっしゃってたし、ドラッカーの本にも「満場一致なら決定するな」みたいなことが書かれてる。突出した会社や発明の多くはすごく優秀な人が強いリーダーシップでいろいろなことを決めたからああなってると思います。

 僕にとって強いリーダーシップは「独裁」と一緒の意味です。行きすぎた民主主義よりはまだ独裁のほうがええんやないかなと思います。

 独裁と言うと「悪の権化」「大量虐殺」とか、そんなイメージだし独裁者が暴走してとんでもないことをしてきた国や歴史もある。誤解しないで欲しいんですけど、僕はそれはもちろんけしからんと思ってます。でも本来の「ひとりで決める」という字義以上に「アカンこと」という印象が先行してるように思うんです。

 そこで、ひとりの優秀な人をみんなで選んで、その人がみんなのことをひとりで決める「ライト独裁」なんてどうですか?

 最初は独裁する人の給料を安くしておいて、任期が終わった時に国民投票で「あいつはようやった」と評価されたら給料を上げてあげる。あかんかったらお金をあげない。その際、独裁する人が私利私欲に走らないようにするため、不正をしたらその人の5親等先まで被選挙権を奪うとか、お金の管理は第三者機関に任すとかも必要です。その辺はもっと賢い人たちに考えてもらったらいいと思います。

 とにかくそれだとみんなの気持ちを考えるだろうし、その人が自分の給料を上げるためだとしても最後まで世の中にええことしようと頑張る。

 人間だからミスもあるでしょう、本気で日本を良くしようとしても痛みを伴うかもしれない。でも「みなさんちょっとずつ我慢してください。必ず日本を良い方向にします」と真心と覚悟を持っている人なら、もうちょっと見守ってあげてもいいかと思います。独裁でも責任の所在と手柄をハッキリすればもっと良い方向に進むんじゃないでしょうか。

 でも「その『良い独裁者』をどうやって決めんねん?」って言ったら投票やろうけど、そうなるとまた、バックに企業や団体も付きだすだろうし……難しいですね。

 今の政治というか日本の仕組みでイヤなとこって、政治家が日本のためでなく、自分の後ろにいる先輩政治家や企業・団体、諸外国のために政治をしているところ。それと自分の政党をよく見せるために相手を攻撃したり、自分が生き残るために政策的には合致してないのにひっついて新しい政党作ったりするのも。

 私利私欲を捨て、公のためだけに頑張る政治家が出てくるシステムって、なんかないもんですかね?

【PROFILE】小籔千豊●こやぶかずとよ/1973年、大阪府生まれ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。2006年吉本新喜劇の座長に就任。『ノンストップ!』(フジテレビ系)などレギュラー多数。

※SAPIO2016年5月号

【関連記事】
「独裁者」と橋下徹氏批判する人は負け惜しみでも人道外れる
中国 今後10~15年で共産党一党独裁が崩壊と米研究者が予測
橋本治と内田樹が三島由紀夫やピンク・レディーなど語る本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP