ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高畑充希 朝ドラロケ地・浜松で名物のウナギを何度も完食

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月4日から始まったNHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』は初回視聴率が22.6%と、期間平均視聴率23.5%を記録した前作『あさが来た』の初回(21.2%)を上回る好スタートを切った。朝ドラ評論家の田幸和歌子氏が語る。

「『あさが来た』の流れにうまく乗り、視聴者を引きつけることに成功しました。とくに西島秀俊さん演じる父親像が女性の心を掴んだようで、ツイッターでも『お父さんが好き』というつぶやきが非常に多い。向井理もいい加減な叔父さん役を好演しています」

 高畑充希(24)演じるヒロイン・小橋常子のモデルは、戦後、天才編集者・花森安治とともに婦人誌『暮しの手帖』を創刊した大橋鎭子である。その『暮しの手帖』の最新号は『とと姉ちゃん』が放送開始されるや、売り上げが急上昇。アマゾンの「生活情報の雑誌」部門で1位を記録したほどだ。田幸氏は、脚本を担当する西田征史氏をこう評する。

「元芸人で、短いドラマにも喜怒哀楽をこめるのが得意。自身も『暮しの手帖』の愛読者だそうで、それが今後のドラマづくりに生かされるのではないか」

 撮影も快調で、常子が上京するまでの舞台となる静岡県浜松市でのロケでは、こんな一幕もあったという。

「地元町内会のご婦人たちが地元の味の豚汁を差し入れると、高畑は美味しそうに飲み干していました。高畑は共演者たちと一緒に何度もウナギを食べにいき、そのつど完食していたそうです」(制作スタッフ)

 第1週の終わりには、女性視聴者のハートを鷲掴みにしていた常子の父・竹蔵(西島)が病気で他界。常子は竹蔵に代わって「とと(父)」になる決意をする。

「タイトル通り、父亡き後の第2週からが本当のスタートになります」(田幸氏)

※週刊ポスト2016年4月22日号

【関連記事】
朝ドラ 高畑充希、唐沢寿明、及川光博らがガッツポーズ
新朝ドラヒロインの高畑充希 宇多田主題歌に大感激
『とと姉ちゃん』 朝ドラ史上初の「生涯独身ヒロイン」に?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP