ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NHK女子アナ神セブン ツートップ追う久保田・杉浦らの評判

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 深紅のドレスに黒髪をたなびかせて微笑む7人の美女。NHK春の改編の目玉『クローズアップ現代+』(月~木、夜10時~)のポスターは、まるで化粧品の広告かと見紛う華やかさだ。

 同番組のキャスターには7人の女子アナが抜擢された。伊東敏恵アナ(43)、鎌倉千秋アナ(37)、小郷知子アナ(37)、井上あさひアナ(34)、松村正代アナ(34)、久保田祐佳アナ(33)、杉浦友紀アナ(32)の7人(入社年次順)。

 看板番組に抜擢されたこの7人の女子アナを、今後のNHKの“顔”と位置づけていることは間違いない。AKB48の上位メンバー7人は「神セブン」と呼ばれるが、さしずめ彼女たちは「NHKの神セブン」か。

 NHK局内では、エースは誰かという話で持ちきりだという。本命は2011年から2015年まで『ニュースウオッチ9』のメインMCを務めていた井上アナ。そのライバルとして、2011~2014年まで『NHKニュース7』のメインキャスターを務めた小郷アナの評価が高い。

 そして、井上・小郷両アナを追うのは、少なからぬ男性局員が“推しメン”に挙げた久保田アナだ。

『ブラタモリ』初代担当として知名度を上げた彼女は、「ニュースからバラエティまで、守備範囲が広い」(編成局員)との評判だ。

「タモリさんが下ネタっぽい話題を振ってきても上品にいなすし、硬派な報道ニュースもソツなくこなす。紅白の司会を4年連続で任されたアナウンス部の大黒柱、有働由美子アナ(47)とタイプが重なりますね」(同前)

 記念すべき『クロ現+』の第1回も担当は久保田アナだった。AKB48の指原莉乃(23)のように「親しみやすくて、気がついたらエース」というタイプかも。

 意外にあまり目立っていないのが『サタデースポーツ』『サンデースポーツ』の顔の杉浦アナだ。

 今年5月に結婚を控えているものの、そのスタイルの良さに魅了される視聴者は少なくない。

「お堅いNHKだけあって、彼女がスタイルのことで騒がれるのを上層部が嫌っているんです。『クロ現+』のポスターも、彼女の胸が隠れる不自然な構図だった。衣装もスタイルが目立たないものが選ばれているようですが、あのボリューム感は隠せるもんじゃない(笑い)」(30代・営業部門局員)

 前出の4人と比べるとやや控え目だが、鎌倉、松村の両アナも実力派。

「鎌倉アナは硬派なトピックを任せたらナンバーワン。祖父が台湾出身らしく、彼女も中国語が堪能で、四川大地震のレポートもこなしました。マジメなキャラなので目立ちませんが、脚線美は局内でも有名で、NHKの男性局員が何人か集まると、“美脚なら井上より鎌倉が上”という話になる。

 松村アナは上智大のチアリーダー出身の元気印で井上アナの同期。これまで井上アナに比べると目立たない存在でしたが、今回の大抜擢に張り切っているようだ」(前出・編成局員)

 そして、7人の「重し」となっているのがベテランの伊東アナだ。局内では「報道の伊東」の異名もあり、『日曜美術館』の担当だけあってアートにも造詣が深い。

「話してみるとフランクな人。ママさんアナなので仕事と育児の両立に大変なはずなのに、付き合いがいいんですよね。大のビール党で、スタッフの酒席にもよく顔を出してくれる。『クロ現+』の若手6人からも慕われていますし、彼女は別格といったところでしょうか」(前出・営業部門局員)

 ポスターでは静かな笑みを浮かべるが、実はビンビンに意識していそうな「神セブン」。ここから一歩抜け出すのは誰?

※週刊ポスト2016年4月22日号

【関連記事】
女子アナ人気投票でNHK上位 知的さと抜群のプロポーション
NHK女子アナ「神セブン」 エースは井上か小郷か?
NHK絶対女王の有働由美子アナ 女性初会長に本気で推す声も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。