ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Commmons10 健康音楽」でのU-zhaanさんと蓮沼執太さん 責任を押し付け合う!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVE月曜〜木曜午後の番組「ACCOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)。今週は、先週末に恵比寿ガーデンプレイスで行われた「Commmons10 健康音楽」での番組公開収録の模様をお伝えしています。4月11日(月)のオンエアでは、9日(土)に行われた音楽家、蓮沼執太さんとタブラ奏者U-zhaanさんのトークをお届けしました。

イベントの感想を聞かれた蓮沼さんは、「“健康音楽”ってことだったんですけど、生演奏でヨガのBGMを演奏しました。普段、健康じゃない音楽をやっているので、こういうイベントで音楽をできてよかった」と笑いを誘い、U-zhaanさんも楽しんだ様子。

会場では2人が制作したCDも無料で配布し、U-zhaanさんは「曲のタイトルを付けたんですけど、1トラック目と2トラック目を『健康』にして3トラック目と4トラック目が無くて5トラック目も『健康』にしたんです。これは『一に健康二に健康、三、四が無くて五に健康』という意味で付けたのに、誰にも伝わらなかった……」と切ない説明をし、「執太が考えたんだからね」と責任を蓮沼さんに押し付けていました(笑)。

2人は映画「マンガをはみ出した男〜赤塚不二夫〜」のサントラも製作した間柄で、エンディング曲はU-zhaanさんが作った曲をタモリさんが歌ってくれているんだとか! U-zhaanさんはこの曲について「インド音楽をベースに、タモリさんにインド音楽風に歌ってもらった」としながらも「この曲だけ、執太が参加していない」と、少しチクリとした情報も交えて語っていました。

この映画は4月30日公開で、サントラは4月20日に発売されます。しかし、サントラ版にはタモリさんの歌声は入っていないらしく、「映画館ではサントラも売るので、映画館で映画を見てからサントラを買うのがベスト! 映画館でぜひチェックしてください」と教えてくれました。

【関連サイト】

「ACCOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト

http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。