ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

松岡茉優 世の“ぼっち”を救うための「ぼっち室」設置法案が可決される!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

J-WAVE月曜〜木曜夜の番組「AVALON」(月曜ナビゲーター:松岡茉優)。4月11日(月)のオンエアでは、FIGHTING DREAMERS代表・松岡茉優がマニフェストを発表しました。

今週、プレジデントからから各党へ与えられた議題は「コミュニケーション能力を向上させよ!」。そのなかでも、FIGHTING DREAMERSに課せられた政策課題は、「新しいクラスに馴染めない」「学校、会社、街のどこにも居場所がない」そんな世に佇む“ぼっち”を救済する策を打ち出すこと。

そこで、松岡代表が掲げたマニフェストは「ぼっち室法案」。この法案は、学校や施設をはじめ、街のいたる場所に“ぼっち”と群れている人たちを完全に分ける「ぼっち室」を設置するというもの。

これなら群れている人たちの目を気にせず“ぼっち”でも堂々と過ごせすことができます。この「ぼっち室」で自信をつけることで、コミュニケーションの大きな一歩を踏み出せるはず……と松岡代表は考えました。ちなみに松岡代表も高校生活のうち2年間は“ぼっち”だったそうです。

この政策に対して、サポーターからは続々と反響が寄せられました。

「賛成。友達がいなくて、学校に行きたくないから」

「反対です。ぼっち室に行くと、人との関わり方が分からなくなり、人と仲良くなるきっかけを放棄してしまうことになるから」

また、「学生時代は人間関係を勉強した方が良い。社会人になったら、一人になる時間が大事になる」との声も。つまり、大人になると“ぼっち”が逆に贅沢になるという大人の意見。しかし、なかには一匹狼の人もいます。“ぼっち”と一匹狼の違いについて松岡代表は、「一人でいることが好きな人は、ぼっちじゃなくて一匹狼」と解釈していました。

さらに、この日は松岡代表といわば真逆の性格の、渋谷No1パーティーロッカー“あっくん”も登場。携帯に登録されている友達の数がおよそ1万人入っているそうで、代表は驚きを隠せません! あっくんは、松岡代表の携帯番号も聞く気満々でしたが、そこは秘書が阻止しました(笑)。

「僕のいるところにパーティーあり」というあっくんを見た松岡代表は、「あっくんは、やっていることを疑わない人。“ぼっち”は、プライドはあるけど自信がない人」と分析。

最後のサポーターによる投票結果は、8割近い賛成を獲得して「ぼっち室法案」は見事可決! 松岡代表も言っていましたが「友達といる時間も大事だけど、一人でいる時間も大事にしたい」という人も、意外と多いのかもしれませんね。

火曜、水曜、木曜と他の党からはどんな法案が飛び出すか、楽しみです!

【関連サイト】

「AVALON」オフィシャルサイト

http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。