ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

デヴィッド・ボウイ、最新MV「アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

デヴィッド・ボウイ通算28作目のアルバム『★』に収録されている最新シングル「アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」のMVが公開となった。
デヴィッド・ボウイ (okmusic UP's)
「これが今まで私が伝えたかった全てだ / 私の送り続けた伝言だ」とボウイが歌う、「アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」のビジュアル的に解釈したアニメ映像化は、『★』のエンディング曲にインスピレーションを得たトリビュートであり、アルバムのビジュアル面でのアイデンティティやプレゼンテーションに必要不可欠な役割を果たした人物、ジョナサン・バーンブルックが手掛けた。ボウイとの仕事はアルバム『★』のアートワークをはじめ、2013年の『ザ・ネクスト・デイ』、『リアリティ』(2003年)、『ヒーザン』(2002年)まで遡る。来年1月8日から日本上陸を果たす大回顧展『DAVID BOWIE is』では、ジョナサン・バーンブルックの作品も展示される。

また、最新作『★』は、2016年5月22日に米ラスベガスのT-Mobileアリーナにて開催される2016 Billboard Music Awardsの「Top Rock Album」にノミネート。全世界で200万枚近くを売り上げ、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ベルギー、カナダ、クロアチア、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、日本、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、スペイン、スウェーデン、スイスなど20ヶ国以上で1位を獲得している。

【ジョナサン・バーンブルック コメント】

「このビデオは究極のポジティヴを表現しようとした、極めてシンプルなビデオの小作品です。『★』の白黒の世界から始まりますが、最後のコーラスで鮮やかな色彩の世界に移ります。私はこれをデヴィッドへの賞賛ととらえました。それはつまり、私たちが直面する逆境や、デヴィッドの死のような辛い出来事があるにも関わらず、人間は生まれながらにしてポジティヴなものであり、前を向き、過去から得た良いものを現在への手助けに活かすことができるものだということです。私たちは生まれながらに楽観的な種であり、私たちに与えられた良いものの存在を讃えるのです」

「アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」MV
https://www.youtube.com/watch?v=OZscv36UUHo

大回顧展『DAVID BOWIE is』
2017年1月8日(日)~4月9日(日) 東京 寺田倉庫G1ビル(東京都品川区東品川二丁目6番10号)

■公式サイト

http://www.DAVIDBOWIEis.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。