ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第2回日本翻訳大賞に『素晴らしきソリボ』と『ムシェ 小さな英雄の物語』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

優れた日本語の翻訳作品に贈られる「日本翻訳大賞」の第2回大賞受賞作が4月11日、発表された。大賞は『素晴らしきソリボ』(パトリック・シャモワゾー著、関口涼子、パトリック・オノレ訳、河出書房新社刊)と『ムシェ 小さな英雄の物語』(キルメン・ウリベ著、金子奈美訳、白水社刊)の2作品。

「第2回日本翻訳大賞」は、2014年12月から2015年12月までに発行された日本語の翻訳書(再刊、復刊、選考委員の訳書を除く)を対象に、読者推薦と選考委員による無記名の推薦から15冊を選定。さらに第二次選考で5冊にしぼられ、最終選考で大賞が選出された。選考委員は金原瑞人氏、岸本佐知子氏、柴田元幸氏、西崎憲氏、松永美穂氏の5人。

大賞に選ばれた『素晴らしきソリボ』は仏領マルティニーク出身のパトリック・シャモワゾーによって執筆され、「口承文学と記述小説の出会い」とミラン・クンデラから絶賛を受けた。『ムシェ 小さな英雄の物語』はバスク文学の旗手による長編小説で、ロバート・ムシェというベルギー人の若者を中心に物語が展開する。

大賞授賞式は4月24日に開催される。詳細は日本翻訳大賞公式ウェブページにて。

(新刊JP編集部)

■日本翻訳大賞公式ウェブページ
https://besttranslationaward.wordpress.com/

【関連記事】 元記事はこちら
『ダ・ヴィンチ・コード』訳者が明かす、翻訳の現場のアレコレ
「翻訳をしていなかったら、自分の作品は今のようにならなかった。」
スヌーピー40周年を記念し、翻訳者の谷川俊太郎がトークショーを開催

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP