ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

古い日本映画を上映する映画館も。アニメーター目線で迫る「阿佐ヶ谷」の魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【toco toco ep. 23 Manabu Ōhashi, Animator and Character-designer】

xhttps://www.youtube.com/watch?v=xLhBogWt3_s

【toco toco】は、フランスのケーブルTV「Nolife」で放送されている、日本人のクリエイターを紹介するミニ番組です(詳細は文末)。今回はアニメーター、キャラクターデザイナーの大橋 学さんと一緒に「阿佐ヶ谷」をトコトコ。

雰囲気を味わう「ラピュタ」

隠れ家的な雰囲気が面白い、ちいさな映画館「ラピュタ」。なかなか知られていないような、古い日本映画を上映しています。古き良き日本映画を休日に映画館でのんびり観るなんて、非日常間を味わえそうで素敵ですね。様々な作品を上映しているので偶然「ラピュタ」を訪れたタイミングで上映している映画には、何だか運命を感じてしまいます。興味がない人も、行ってみたら意外とはまってしまうかも。

建物の形も独特で存在感があります。大橋さんはここ全体の風景が好きで、映画を観なくても何だか来てしまうんだとか。のんびりとくつろげるお散歩コースの一環にもオススメ。独特の雰囲気と、のんびりした空気感を存分に楽しみましょう。

ひらめきを伸ばす「アート・アニメーションのちいさな学校」

ちょっと変わったアート・アニメーションの学校です。授業を学びながら、1人1人が作品完成を目標に1年を過ごします。苦労があっても、みんな楽しんでいる様子。個々のひらめきを大切にし、拾い上げることを重視しているそうです! 真っ白なところから作品を作れる点がアニメーションの醍醐味。ゼロからできるのがアート・アニメーションのちいさな学校の最大の魅力。

大橋さんは金曜日の授業を受け持っています。良い監督との出会いや惹かれる原作やキャラクターなど、何か一つ引っかかるものがあれば「夢にかける」のもあり。それを総合的に言えば「面白いから」。そう語る大橋さんは実際に絵が動くのが楽しくてこの仕事を始め、挫折を繰り返しながらも50年以上この道を歩んできました!この学校の卒業生もきっと大切な気持ちを引き継いでいくのでしょう。素敵な学校ですね。

アニメーター、キャラクターデザイナーの目線から見た阿佐ヶ谷の魅力、ディープで面白いですね! 阿佐ヶ谷には、まだまだ知られていないスポットが沢山ありそうです。お散歩しながらのんびりと過ごし、お気に入りのスポットを見つけるのも楽しそう。きっと素敵な一日になりますよ!

■【toco toco】とは?

【toco toco】はフランスのケーブルTV「Nolife」で放送されているミニ番組。日本人のクリエイターを紹介しながら、そのクリエイターたち一押しの隠れ家・穴場スポットに行く企画です。名前は、色々な人と一緒に色々な場所に歩いて行く(トコトコ)という意味。日本人もこっそり参考にしたいセンスのよいお出かけ情報や、外国人に日本文化を伝えるときの参考になるような情報が盛りだくさん!外国人向けにしておくのはもったいない、編集部イチオシ番組です。

【toco toco tv(YouTubeチャンネル)】

https://www.youtube.com/c/tocotocotv

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP